スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール・ストリート@オリバー・ストーンの名人芸を味わう

2012-02-07 | 22:06

ボルガ―ルールやらバーゼル3の規制を控え、黄昏ているウォール街ですが、ドラマティックな映画の舞台には、まだまだ悪くないんじゃないでしょうか。
そうなると主人公は、「伝説のディーラー」でしょうか?
イイでしょう、映画なんだから、ヒーローが必要だ。
でもその描き方が、稚拙だと悲しいですよね。
ではどう描けば良いのか?
今回はオリバー・ストーンのこの作品から、その名人芸を書いていきたいと思います。
1)出所シーンのクルマの演出
ゴードン・ゲッコーが、他の囚人と出所してくるシーンでは、まずtaxiが他の囚人を出迎えます。
カメラが引いてゲッコーを撮るとリムジンが。すっと来る。
流石っすゲッコーさん、で終われば凡庸。
この後の外しですね。
そして終盤への伏線にもなっている構成が流石です。

2)突然始まる、唸るようなセリフの妙
地下鉄の中でゲッコーとジェイコブの話が女と金のことに及ぶとそれは、
「金は同じベットに寝てくれるぞ。そしてじっとオマエを見つめてくれる。金は眠らない女なんだ。」
なんて展開になります。
唸るようなセリフですね。
セリフが説明的でありきたりじゃダメなんです。

3)ウォール街の大物が集まる部屋のインテリアの凄さ&強欲社長の趣味はあの人と同じ。
銀行を清算に追い込む会議が開かれる部屋のインテリアには目を見張るものがあります。
暗がりに沈むカーテンの光沢やソファの革の照り、を見てください。

[ウォール・ストリート@オリバー・ストーンの名人芸を味わう]...Read more

スポンサーサイト

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

ニコライとアレクサンドラ  /映画の見方は色々で

2009-02-15 | 19:19

理系の進学コースだったので、世界史は履修してない。
だからどうも疎い。

ロマノフ王朝って何?
って聞かれても思いだすのは、皇女アナスタシアとか、旅順で戦ったよな、とか結局、レーニンに殺されたんでしょ、とかおぼつかない。
「ロマノフ家の金塊@ガーフィールド」って本も読んだけど、イマイチだったなあ、なんて記憶しかない。
それらなら世界史の教科書でしっかり勉強すれば良いんだけど、メンドクサイ。

そういう人にこの映画はオススメです。
1971年の映画だけにVFXとかなくて、その分、アカデミー美術監督賞と衣装デザイン賞を取ったリアル映像の部分が充実しているので、登場人物とか背景描写がともかく真実味があり、まさに歴史の目撃者になった気分。
問題は189分と長大なことですが、まあ歴史の勉強だと思ってぶつ切りに見ていけばよい。

ああ、やっぱりここで日本と戦ったのがつまずきだったねえ、とか、これが「血の日曜日事件」と呼

[ニコライとアレクサンドラ  /映画の見方は色々で]...Read more

Theme : 映画を見て、思ったこと
Genre : 映画

モーターサイクル・ダイアリーズ

2008-11-06 | 20:59

若き日のエルネスト・チェ・ゲバラ南米旅行記の映画化です。
最初はまだ若いエルネストはお気楽な若者で、大学を休学し、悪友アルベルトと一緒にオンボロ・バイクのノートン(ポデローサ号)に跨り南米周遊の旅に出かけるという出だしで、なんとも吞気なもんだな・・・日本の若者にはそんなゆとりはないよ、と冷めた目線で見たくなります。

実際映画は知りあいのGFの元に寄ったり、獲物を取ろうと無茶して川に入り風邪を引いて肺炎になりかかるようなことをしたりと鷹揚に進行します。
ただその間にかかる南米音楽と風景が見どころで、コッチまで南米旅行をしている気分。
なかなかこれもイイじゃないか、と思えばこそ、
ゲバラ達がペルーに入り、農場主に良いようにされてしまった小作農の人や鉱山での労働実態などを垣間見るにつけ、がらりと色合いが変わるところがこの映画の本当の値打ちです。

人気のないマチュピチュの映像が、先住民族、略奪される人々の荒廃のメタファーとして強力で効果的ですね。

[モーターサイクル・ダイアリーズ]...Read more

Theme : 第80回アカデミー賞
Genre : 映画

善き人のためのソナタ

2008-10-18 | 21:43

 この映画、最近では得がたい素晴らしい題名に惹かれる方は多いと思いますが、内容もその題名に劣らぬ出来です。

舞台はまだベルリンに壁があった頃の東ドイツ、時代は社会主義独裁の暗黒時代です。
その国家保安部、秘密警察のヴィスラー大尉が主人公となります。
主演のウルリッヒ・ミューエは、階段の登り降りのときでさえ、異様なほど背筋を伸ばし、その徹底した几帳面さを表現します。
こんな万事に遺漏のないような男に盗聴され見張られたら、まず何も出来ないな、もう生活しながら監獄にいるとのと同じだ、と思わせるのに充分な迫力です。
黙って監視しているときも、その異常を思わせる集中力が怖いのですが、「腑に落ちないな」なんて静かなセリフで、いつの間にか眼の色が深くなっている。
国家ごと牢獄となった社会で、その非情なる警吏たる男の内面の殺伐たる光景に、観客は慄然とするでしょう。

[善き人のためのソナタ]...Read more

Theme : 心に残る映画
Genre : 映画

ユナイティッド93

2007-11-04 | 19:56

同時多発テロで唯一目標に到達せず墜落した飛行機での再現ドラマです。
時事ネタに乗った安直な作品だと思っていたので、録画はしたものの長らくHDDの中に放置。
トレーニング時に見るボクシング映像が足りなくなったので、在庫処分のような気分で見始めましたが、臨場感抜群で素晴らしくも恐ろしい作品でした。

リアリティを出すため、あえて名のある俳優は使わず、のんびりとした搭乗風景と、映画の半分をしめる管制塔内の日常で始まるのですが、監督のポール・グリーングラスの手腕は大したもので、ジワジワと逃れようのない運命にはまり込んでいく登場人物たちへ満ちていくサスペンスを描き出しています。
クライマックスでは激動する人心を象徴するかのようにブレるカメラワークの職人芸にはただ見入られるのみ。

[ユナイティッド93]...Read more

Theme : 心に残る映画
Genre : 映画

ホテル・ルワンダ

2007-06-22 | 23:28

ルワンダ大虐殺の中、多くの住民をホテルにかくまい助けた支配人の話しがベースになった映画です。

あえて言いますが、映画自体に使われている技法は凡庸です。
特に秀でた演出もなければ、カメラも効果も出演陣も水準ではあるものの抜きんでた作品ではありません。(あ、でもホテル前から出るバスを、雨の中で見送るシーンは光っていたかな)
でもそれがまた不思議な現実感を生み、ともかく見せます。
これは現実にあった話しなのだ、という重みに終始押し捲られます。

隣人がマチューテ(山刀)を持って殺しに来る。
最初は夜の闇に紛れて、後には堂々と当たり前のように白昼やってくる。
その数は増え続け、殺す方は、ゴキブリの駆除のつもりだから迷

[ホテル・ルワンダ]...Read more

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

9.11への道

2007-01-25 | 22:48

アメリカでテレビ放映されクリントン政権の無責任ぶりが話題になった5時間のドキュメンタリー・ドラマです。

テレビ・ドラマは映画に劣るという先入観がありましたが、これは別格とも云える出来でした。
911独立調査委員会の報告書をベースに、おそらくは膨大な予算を使い、映画では上映しきれない長尺をまとめあげた腕力は相当なものです。

見る側としては、実際に起きた事件であり、2機目の衝突はライブで見ていたので、あの衝撃の生々しさが蘇り怖いです。
この辺は実録の強みですが、それが生かせる説得力を持っています。

ドラマは時間軸をジャンプさせながら、93年2月のWTC駐車場爆破事件から始まります。

[9.11への道]...Read more

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

イラクーヤシの影で

2006-11-08 | 18:50

この映画を見て一番簡単な反応は、「アメリカは悪い」だ。
寝静まった町にドカドカ爆弾を落とし花火みたいにするのは、アメリカの困った伝統芸。

次に簡単なのは「フセインも悪かった」だ。
独裁体制下でクルドの虐殺とシーア派の弾圧。

次に思うことは、戦争では神様に頼らないこと。
アッラーは偉大だからアメリカに勝てる、とは思わないほうが良かった。
神風が吹くから最後は勝てる、と思って負けた国の国民としてアドバイスしたかったね。

[イラクーヤシの影で]...Read more

Theme : ドキュメンタリー
Genre : 映画

226

2006-10-22 | 21:24

五社英雄が二・二六事件を題材に撮った1本です。
印象的なのは夜の光りに映える青年将校の軍服の艶。
当時より遥かに上質な素材なんだと思いますが、妖しく狂気に満ちた照りがありました。
この辺はいかにも美術、衣装に凝る五社英雄美学なんでしょう。
セット・ロケでしょうが、事件当時の東京の街路風景も素晴らしい。

でも演劇陣が駄目でした。
普段なら魅力を感じる俳優が集まっているのに何故?
と思ったころで思いだしたのが、「プライベート・ライアン」
あの映画は高く評価する人もいるようですが、私にはトム・ハンクスのツルリとした顔がどうしても第二次大戦中の将校には見えませんでした。
大戦中のアメリカ兵っていうと、不精髭で、タバコ臭そうで、もっと脂ぎった印象が強いのです。

時代が人の顔を作るのでは、との感慨をえた作品でしたが、この映画にも同じことを感じました。


Theme : 映画感想
Genre : 映画

日本の夜と霧

2006-05-24 | 08:48

60年安保闘争前夜の全学連。仲間二人の結婚式では激烈な政治議論が始まってしまします。舞台劇のような長回しですがきっちり見せるのは大島渚、大したモノです。


[日本の夜と霧]...Read more

Theme : 日本映画
Genre : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。