スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油安相場に付き合います&先物FX取引の社会的意義【投資投機は自己責任】

2014-12-16 | 22:16

投資カテゴリーの前記事で
ここからの買いは嫌な予感しかしない、よって大幅下落するまで新規買いは待ちますと書いたのですが、原油安相場が来ているので買いに行きます。

世界株式&リートインデックスの代わりに買っていたロシア株の投信は、今日で予定額購入終了で、一か月にわたるドルコスト平均法100万円の投資が現在916211円へと減少し、83961円の評価損です。
安値を更新し続ける銘柄への投資はおおむねこんなモノです。
これも別記事に書きましたが、目先儲けたいなら上昇しているカテゴリーを買うのが一番。
安値をつける銘柄に自分だけ利口だと思って投資すると、結果はさらなる下落が待っているというオチですが、まあ5年後に期待ですね。
今回は世界株式も下落してますから後悔はないです。
今の処(笑

で、再開される投資ですが具体的には
久々に下落しているUSドルを一日500ドルづつ買います。
これは150万前後貯まったらNY市場のXLE などのETFか、エクソンなど石油関連の株の購入資金になります。

[原油安相場に付き合います&先物FX取引の社会的意義【投資投機は自己責任】]...Read more

スポンサーサイト

タブレットとかスマホってPC以上に超短期トレードと相性が良い気がする理由とルーブル建てロシア株投資の現状と今後の投資予定

2014-12-06 | 21:47

先物やFXを取引するのに携帯から出来るようになった時は便利になったなとは思った。
出先で出来るのは大きかったよね。
でも結局、セコイ画面でチャートも板も更新しないと動かないし、使用用途はあくまで臨時。
本格的な参戦はPCじゃなきゃ話にならなかったんですが、なんと昨日なんてNFPの参戦、あえてPC消してipadとiphoneからやっていた。
アプリがどんどん進化してともかくやり良い
リズム良く幾らでも取引出来る。
性能では今だPCが上なのは間違いないのに、何故タブレット&スマホ連合軍が追い抜いたのかと言えば、あの触って操る感覚が超短期トレードと合っているのではないだろうか?
クリックよりタッチ。
触るという人の原初の感覚に近い分、波に乗りやすいのか。
今やチャートも見劣りしないし、スマホとタブレットを同時に立ち上げてやるのは悪くない。
モチロン、日に一度の本格的な分析、それにともなう数日にわたるスイング・トレード用のデーター作成にはPC環境が必須だし、長期投資用の銘柄を調べるのもPCの方が圧倒的に便利、というかPCじゃなきゃ話にならない

[タブレットとかスマホってPC以上に超短期トレードと相性が良い気がする理由とルーブル建てロシア株投資の現状と今後の投資予定]...Read more

長期停滞論下でインデックス・ファンド、ドルコスト平均法は有効か?№3

2014-11-22 | 21:31

第三弾ですが、今回は実際私が買っている銘柄、売っている銘柄について書いて行きます。
ホントはこのテーマ、少々学術論っぽく仕上げたかったのですが、なかなか暇がない上に、相場の動きが速く、うかうかしているとすっかり後追いの記事になってしまいかねない上、真意が完全に伝わるようなんて言っているととてつもなく長くなりそうなんで、実際、オマエはどうやってるのよ、だけを書くことに方針を転換します。

1)外貨建て(ヘッジなし)のハイ・イールド債は売ってます
年末までには持ち高を0にします。
ドル建て、トルコ・リラ建て、レアル建て、全部売りです。
FRBは利上げ及び積み上がったBSの改善に取り組む事、拙速に望むことはないでしょうが、QEが終了した以上ハイ・イールド債に投資するいわれはありません。
この順境相場もいずれ大きな下落に見舞われること間違いなしですが、問題はその後の戻りです。
戻る順番、および高さは
一位:株価指数(インデックス)
二位:リート指数(インデックス)
三位:商品相場
でハイ・イールド債は今が歴史的高値と読みます。
ワカランけどね。

[長期停滞論下でインデックス・ファンド、ドルコスト平均法は有効か?№3]...Read more

池田信夫先生の間違いを指摘したい@トレーダーが株価指数先物を買う時

2014-11-01 | 20:23

昨日は意表を突いた追加緩和で大変でした。
売っては買い、買っては売るの繰り返し。
PC閉じた後も動きが収まらないので、タブレットとスマホの二台でリビングから参戦。
深夜の1時過ぎに撤収した時は、しみじみと疲れていました。

そんな中、我が尊敬する池田先生(煽りではなく、ホントに尊敬しています。実際、このブログでも先生の本何冊も取り上げて賞賛してます)は追加緩和なんて意味なし論を唱えてます。
株式取引なんてする連中はみんなバカだから日本経済が良くなると思って株を買っているなんて言っている。
でも市場を相手にするとき、みんながバカだから意味ないなんて言っていたらお終いです。
周りがバカに思えても、値段をつける主役がそうなら流れに乗って儲けてナンボが大人の現実です。
そもそも株価指数先物を取引する人間にとって、日本経済が良くなるから買うなんて人はいません。
でも丁半バクチでもないんです。
先物やFXがバクチにしか見えないのは、当人がその程度だからです。
先が分からないという点では似てますが、それならボクシングはただの殴り合い、サッカーはボールの蹴りあいだから、ただの乱暴というのと同じです。
サッカーもボクシングも科学的なトレーニングとコンデショニングから鍛え抜かれた身体能力と技量、精緻な戦術が確固として存在しています。
ただの暴力ではありません。

[池田信夫先生の間違いを指摘したい@トレーダーが株価指数先物を買う時]...Read more

長期停滞論下でインデックス・ファンド、ドルコスト平均法は有効か?№2

2014-10-12 | 22:38

本日は前回書いたローレンス・サマーズの長期停滞論下でのインデックス・ファンド投資法は有効かという記事の続編となります。

実はこの記事、9月のNFP発表の翌日に書きはじめていまして、数字は良好であり、悪かった8月も妥当な上方修正の上、失業率も6年2か月ぶりの水準まで下がり、この分なら賃金の上昇も見込めるでしょう、よってアメリカ経済はOK、ただ今後の世界経済は多少案じています、となってました。

その根拠としては、CRBindexですね。
これだけの異常低金利が続いているのに、商品が下がっている。
中国減速の読みで売られているんでしょうが、世界=中国という訳でもなく、世界の趨勢として商品安=需要、投資の減少ということでしょう。
よって世界経済のファンダメンタルはそれほど強くない。

漂白され、編集されたニュースと違い、数字は世界の現実を伝えて来ます。
9月9日の記事で、今ある最も大きな地政学リスクとして、スコットランド独立問題を取り上げましたが、株価指数先物やFXを見ている人なら選挙前に結果は分かりましたね。
そうFT100もGBPも選挙の二日前から上昇に転じていた。
金融市場を見ていると、後付けの理屈を言い立てることなく世界の趨勢を先読み出来ます。

では弱い商品指標はサマーズの長期停滞論を予言しているのか?
リーマンショック以降、順調に上昇を続けて来た株は上がらなくなるのか?

[長期停滞論下でインデックス・ファンド、ドルコスト平均法は有効か?№2]...Read more

今、ある最も大きな地政学的リスク&株365はイメージキャラをプリズマ・イリヤに変えよう

2014-09-09 | 22:32

世界はリスクに満ちています。
ウクライナ問題、イスラム国の誕生、猖獗を極めるエボラ出血熱etc
リスクなんて好きな人はいませんが、生きて行く以上、リスクに鈍感ではいられない。
そもそも知性にとって最も野心的な試みが、自らが存在する世界を解析することにあるなら、リスクについて考えるのは自然なこと。
むしろリスクに対応する為に知性は発達したのでしょう。

それでは金融市場において今、最も大きなリスクは何か?
FRBの利上げはまだまだ先の話だ。
それより前に差し迫ったリスクがある。
何か?
スコットランド独立投票ですね。
上記三つのリスクに比べると非常に地味です。
そもそも何言ってるか分からない?
日本人には関係ない?
いやいや生きていくのにお金が必要なら非常に関係するんです。

[今、ある最も大きな地政学的リスク&株365はイメージキャラをプリズマ・イリヤに変えよう]...Read more

サマーズの長期停滞論が本当ならインデックス・ファンド、ドルコスト平均法は有効なのかPart1

2014-09-04 | 20:54

ローレンス・サマーズが長期停滞論をぶった処、大いに受けてしまい、クルーグマンまでがオレもそう思っていたと騒ぎになっています。
ま、サマーズ様やらクルーグマン先生のお言葉をいただなくても、マクロ指標や各国中銀の政策をみながら為替や株価指数先物を売ったの買ったのとやっている身になれば、なんとなく感じるよね。
今、世界を覆っている金融政策は、少し前までだったら異常の極み。
世界の三大中銀が0金利、量的緩和、マイナス金利を競っているなんてSF以上の異常事態だ。
そしてそれでも足取りの鈍い世界経済。
底流に大きなパラダイムシフトが起こっているのでは、と疑っても仕方ない。

長期停滞論において私が理解する起点は、労働力の成長鈍化ということだ。
労働力が増えない→需要が増えない→富の原点、需要が増えないから結果、資本が過剰になる→資本収益率が下がる→設備投資が減少。
需要と投資の減少により自然利子率が低下しまず金融政策が無効になる。

[サマーズの長期停滞論が本当ならインデックス・ファンド、ドルコスト平均法は有効なのかPart1]...Read more

下がって実感? 損失を考慮されないNISA口座の上限拡大は筋悪政策

2014-08-07 | 21:07

金融市場が波乱ですが、みなさまのNISA口座、如何でしょうか?

もう儲けを確定させた、というなら慶賀の至りですし、こういう下げを待っていた、というならチャンスの到来かもしれませんが、下がっていく株価になすすべなしということだとちょっと心配ですね。
ただ投資というのはこういうモノなのですね。
投資する時は、誰でも損をしようと思ってするものではない。
儲かるはずだと思って資金を投じるのですが、上手く行くとは限らない

投資とは何ぞやと言えばそれは
金融資産をvolatilityにさらすこと!
なんです。
リターンとリスクはコインの両面であって、いったん投げたら表が出るのか裏が出るのかは神のみぞ知る。(儲かると思っているのは本人だけ)

損失が少なくなるよう分散投資をしましょうという意見は確かにその通りなんですが、分散すればするほど期待

[下がって実感? 損失を考慮されないNISA口座の上限拡大は筋悪政策]...Read more

ECBマイナス金利導入とご注文がうさぎだった分け

2014-06-06 | 21:04

昨夜は二つのニュースに驚かされた。
一つはECBのファシリティ金利マイナス導入で、発表は9時半だったのですが、私は深夜だと思いこんでいて、PCの前に座ってはいたものの大量印刷の真っ最中。
印刷を終えてリビングに降りてipadなんかで詰め将棋やっちゃったりして、さてそろそろ動きを見て行くかなあとチェックしたら大激動の後で、自らの至らなさを実感しました。
一昨日は日経先物の注文も指値錯覚して約定逃していたんだよね。
もっとしっかりしなきゃダメだ。

ま、個人的な反省はここまでにして、ECBマイナス金利導入の影響ですが、センチメントしては、何もない、とするのが大半。
実際にpriceも行って来いで、ドラギさんはこれからだって何でもやるぜ!とファインティングポーズですが、マイナス金利導入で量的緩和はむしろ難しくなったという見方が強く、これも大欧州もドイツ様次第になっているんだから、規定路線だよね。

[ECBマイナス金利導入とご注文がうさぎだった分け]...Read more

マネックス証券のキャンペーンには注意!@エントリーしないとダメだって

2014-06-02 | 20:10

3月頃、マネックス証券でドル円為替手数料キャッシュバックキャンペーンというのをやっていたので、NY市場のETFを買いたかった私は迷わず送金。

オペレータに電話しながら円をドルに転換し、「これで手数料無料なの?」と聞いた処、手数料は通常通り取られるのですが、今なら来月下旬までには手数料分が口座にキャッシュバックされるということで得した気分。

そのまますっかり忘れていたのですが、先日思いだして口座の入出金の履歴を見たのですが反映されていない・・・
まだなのかな?

でも随分たったような、と本日、昼休みに電話をした処、どうもこのキャンペーン、ただ入金して両替するだけではダメだったようで、エントリーという作業が必要だった旨を告げらました・・・
私が過去に体験した限りでは、キャンペーン中と宣伝されているものなら、そのまま取引をすれば当然対象になるモノであって、改めてエントリー作業なるモノが必要だったとは今回、初めて知りました。
オペレーターの人も言ってくれなかったしね。

[マネックス証券のキャンペーンには注意!@エントリーしないとダメだって]...Read more

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。