スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日決勝スペイン国王杯@バスク~なぜ彼らは掟を貫くのか~に見る美意識

2012-05-25 | 23:19

バスク地方と聞いて貴方は何を思い浮かべるだろうか?
アートの好きな方ならゲルニカ、サッカーが好きならアスレティック・ビルバオだろうか?
バスク純潔主義を貫くビルバオに日本人のファンは多くないだろうが、今年はビエルサが入団したので、注目しているサッカー好きは少なくないはずだ。

WOWOWで先日放映されたノンフィクションWでは、そのアスレティック・ビルバオを軸に、バスク地方の歴史的背景から、現在に至るまでの事情が手際よく解説されていた。
この番組、良い気分で観られるのは、民放地上派というとスポーツ番組にもしゃしゃり出てくるお笑いタレントが出てないこと。
取材対象に対しては、常に一定の敬意が払われ、観る者には感動の押し売りをしてこない。
そういう良識があることだ。

遥かに資本があるはずの民放地上波で、こういう番組が出来るか、と言えば出来るだろう。
良い番組だが、圧倒的な知性とか、卓越したセンスが光るというレベルでもないからだ。
この回でももうちょっと、ビエルサの練習風景、詳しい戦術の解説が欲しかった。
ただ民放地上波でこの手の番組が造られることはない。
何故なら普通の国民はゲルニカにもビルバオにもビエルサの戦術にも関心がないからだ。

[明日決勝スペイン国王杯@バスク~なぜ彼らは掟を貫くのか~に見る美意識]...Read more

スポンサーサイト

Theme : 欧州サッカー全般
Genre : スポーツ

私の半分はウルトラQで始まった

2011-06-29 | 15:36

今、WOWOWでウルトラQを放送しています。
本当に小さい頃見たこの番組は、私の一生の好みを決定づけました。
不気味なオープニング映像と音楽に大きな衝撃を受けた私は、中学時代から絵画ではシュルレアリズム、小説と映画ではホラー分野が一番のお気に入り、となっていきます。
「終わりなき日常」に、突如入る亀裂。
そこから侵入するのは恐ろしいものであっても、現実の倦怠を断ち切る聖なる断頭台となる。
それこそがこの番組のもたらした啓示なのです。

マンモスフラワーで描かれたビル街にそそり立つ巨大な花は、ルネ・マグリットもかくや。
異境の地に送られる、デペイズマン美学の極致でしょう。

どんなに恵まれた人生だって、夢にはかなわない。
申し分のない家庭を持ち、フェラーリのスパイダーに乗り、プライベートプール付きのリゾートホテルに泊まっても、ペギラの出現する南極探検隊の興奮の前には色あせたものです。
しょせん、現実は夢には勝てない。
されど夢は30分で終わってしまうのが難点。
なんとか永遠の夢を見続けることは出来ぬものなのか?
41xolwigzfl__aa300_

[私の半分はウルトラQで始まった]...Read more

Theme : 特撮
Genre : テレビ・ラジオ

内藤大助物語~いじめられっ子のチャンピオンベルト

2008-07-28 | 22:59

亀田、亀田のブームを演出したTBSが、タイトルマッチを控えて前宣伝、内藤大助物語です。
メインテーマはいじめの克服・・・でしょ。
副題からも・・・
まずは、内藤選手が体験した激しいイジメが描かれますが、コレ、番組の最後に苛めた人の名前、テロップで流してくれると粋ですよね(笑
苛めもジョークだったんでしょうから、その位は洒落はやった方も分かるでしょう(笑

ホントウに反吐を吐きたくなるほど卑怯な苛め・・・
私、映画とかでは無意味な暴力シーンって嫌いなんですが、苛められた人間が復讐に立ち上がる瞬間には麻薬的な快感を覚えるんです(笑
もうどんな残酷なことでもやってくれ!想像もつかないようなことを!
笑って見てやるから、と激しく思う!
自分の中の歪みを少し意識します(笑

だから最高の見せ場として苛めた人間への復讐シーン(モチロン暴力シーンは無理でしょうが)を期待したんですが、ドラマは途中からオカシナ方向に進みだし、カタルシスの発散はありませんでした・・・写真破るだけ、ってのは高尚なんでしょうけど、苛められっこの見たいドラマはこんなんじゃないんだよな。

それでも伊藤淳史は素晴らしい身体を作ってきましたし、なんと

[内藤大助物語~いじめられっ子のチャンピオンベルト]...Read more

Theme : テレビドラマ
Genre : テレビ・ラジオ

「のだめカンタービレinヨーロッパ第一夜」を観て思う覚悟

2008-01-05 | 00:01

今日から仕事な訳ですが、昨日の夜、寝る前に「のだめ最終話」を見ていました。
「音楽が出来ることは当たり前のことじゃない」
いい言葉です。
これは何にでも言えることです。
感動のラストに涙涙で見終わって、今年の仕事が始まり、働けることも当たり前のことじゃない、と真摯な気持ちのスタートでしたが、思えばこそ、すぐに嫌々になるのが私です(笑・・・

今、ヨーロッパ編の一夜目を観終わりましたが、欧州舞台になる原作を、テレビドラマに良く仕立ててあると思います。

原作でも欧州編からは難しいですよね。
これがこの手の話の宿命なんです。
最初は輝かしい青春の友情と恋愛と困難に立ち向かうストーリーで走れる。
どんなエピソードもキャラクターも出たばかりですから新鮮で、逆にいえばこの段階でダメなら

[「のだめカンタービレinヨーロッパ第一夜」を観て思う覚悟]...Read more

Theme : のだめカンタービレ
Genre : テレビ・ラジオ

やることだらけの正月は、のだめカンタービレに癒される

2008-01-02 | 11:49

やってますぜ、税務ソフト。
今日は預金分の記帳をしました。
普段からやってないのが悪いのですが、普段はホントに忙しいんですよ。
それからFXのシステム作り。
大変ですわ。
今日は7時半に起きて、エキナシア茶を飲んで8時には開始。
どんだけ忙しいというか余裕がないんでしょうか、私は。
お腹が空いたので、朝飯は昨日食べなかった北海かにめし弁当。
ご飯が固くなっていて美味しくなかったです。

それから延々とやっていたんですが、疲れます。
欲求不満が貯まりますが、9時半から「のだめカンタービレ」が始まると文句なく笑わされます。
上野樹理ってあんまり好きじゃないんですが、この役はあまりにハマっていますよね。
マンガ通りの特殊効果も最高です。

このドラマ、話題でしたが、最初はまったく見る気しなかったんです。

[やることだらけの正月は、のだめカンタービレに癒される]...Read more

Theme : のだめカンタービレ
Genre : テレビ・ラジオ

点と線@TV番組

2007-11-25 | 22:08

テレ朝50周年の記念番組ですが、美術、セットにコストが掛かっていて、昭和32年が良く再現出来ています。
この話のアリバイ・トリックは今だとバカにしとんのかい、というネタなので、この時代背景をしっかり造り込むのが胆になります。

それにしても狂気を含んだ目つきを見せるビートたけしの演技には瞠目します。
怒るシーンなんて本気で怖くて、凡庸な俳優とは立っている次元が違う感じ。
石坂浩二のナレーションも、角川映画の刷り込みからか、昭和を思い起させ効果抜群です。

それにしてもこの原作。松本清張の「点と線」は私がミステリー小説を読みだした13歳頃夢中になって読んだ思い出があります。

衝撃だったのはやはり推理小説とは思えない人の心の奥底を覗くようなリアリズムですね。
悪だくみへの欲望と、立たされている悲しみの相克に、これが大人という存在なんだな、というどこか遠いモノを見るような思い出を抱かされました。

[点と線@TV番組]...Read more

Theme : 今日見たテレビ番組
Genre : テレビ・ラジオ

セクスィー部長は西部劇「シェーン」だったんだな

2007-11-23 | 17:47

昨日は仕事が終わった後、あまりにも疲れていて早寝。
そのせいで今日は休日なのに、8時前に起きてしまい、一人居間に降りてカーテンを開け、暖房をつけ、コーヒーを用意して新聞を取りに行く。

テレビ欄を見ると、なんとサラリーマンNEOシーズン2が一挙放送です。
早起きは三文の得、というほどのもんじゃないですが、さっそく録画セット。
観始めました。
まぁ休日といっても用事(仕事の一部です)もあるし、なにせ朝8時20分から夜の7時半までぶっ続けだからいっぺんには見られないけど、セクスィー部長の場面を偶然何回か見て思ったのは、
これは西部劇、特にマカロニ・ウエスタンやら「シェーン」の変形バージョンなんですね。

「敵役@悪い女性たち」に「開拓農民達@部下」が困っていると、ラテン系音楽(

[セクスィー部長は西部劇「シェーン」だったんだな]...Read more

Theme : 今日見たテレビ番組
Genre : テレビ・ラジオ

ガリレオ@テレビ

2007-11-12 | 22:12

記事では、何かと言うと、「テレビの地上波は見ない!」なんて偉そうに書いていたがこの番組は見ている(笑

原作が東野さんだもんね。
トリック見るだけで価値があるんじゃないかと思ってさ。
テレビドラマは「のだめ」以来だからイイでしょう?

初めは主演が福山雅治というのが嫌だった。
だって小説で読んでいた「湯川学」ってイメージじゃないんだモノ。
だいたい男にとって許せない二枚目と共感できる二枚目というのがある。
女性にもあるでしょう。
許せる美女と嫌な美女って。

[ガリレオ@テレビ]...Read more

Theme : ガリレオ
Genre : テレビ・ラジオ

はだしのゲン@TV  正視出来ない私

2007-08-10 | 23:11

この原作となった漫画、私、ほとんど読んでいないんです。
読むのにあまりに悲惨過ぎて正視に耐えない。
途中で読むのを止めました。

私は本来、怖いモノ好きで、ホラー映画、小説なんて大好きなんですが、アレはあくまでも楽しめる恐怖。
どんなに怖い、という作品でもグロ以外なら楽しめます。
もっと恐怖を!
物足りないぞ、なんて思いながら怖い作品を渉猟しています。

でも核兵器への恐怖は本物の恐怖。
あの惨状は、とても楽しめる恐怖ではなく、処理しきれない恐怖です。

それから60年以上たっている訳ですが、日本はこの恐怖から未だ解放されていないわけです。
やらないだろう、と思ってももしや、という心配も捨て切れない。

ビートたけしが

[はだしのゲン@TV  正視出来ない私]...Read more

Theme : フジテレビ
Genre : テレビ・ラジオ

あしたのジョー@NHK BS特集

2007-03-30 | 22:56

NHKが「あしたのジョー」を特集する時いた時は、どうせ7-8話?くらい、をさらっと流しておしまいでしょう、とそれほど関心がわかなかったのですが、始まってみると途中の特番を入れて23時間45分という長尺でした。
本格的で嬉しいですね。

ボクシングは私の最も好きなスポーツですし、梶原一騎オタクでもあるので、当然「あしたのジョー」は連載当時から読んでいて、その後コミックも買い再読を繰り返しているのですが、私にとって梶原原作の最高峰はずっと「巨人の星」でした。
というか「巨人の星」は人生のバイブルなんでよね。

真摯でどこまでも生真面目なキャラクターが特訓しては、ライバルと死闘を演じる!
さらにはミステリアスな魔球が極めて科学的かつ論理的に説明(笑)されるところには、

[あしたのジョー@NHK BS特集]...Read more

Theme : NHK
Genre : テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。