スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@3Dには海という手がありました

2013-01-30 | 23:12

【注意】この記事では終わりの方で映画の解釈について触れます【注意】

今は映画ファンには飽食の時代と思う。
有料の衛星放送と契約すればだが、古典的な名作映画からついこの間派手に宣伝していた話題作まで。
お気楽なコメディ、アクション系から、芸術文学系に至るまで、ほとんど観きれないほどの作品が放映されては消えていく。
大画面のテレビで鑑賞でき、電子番組表からの録画予約も簡単なら、細切れ鑑賞だって楽々だ。
我々は食べきれないほどの皿が出されては、ほとんど手つかずに片付けられているような、映画鑑賞における「トリマルキオの饗宴」の時代に生きている。

こういう時代だと、かえって映画館に足を運ばせるのは難しい。
なにせ映画なら幾らでも観られるのだ。
しかも気軽に自宅で用事の傍ら、食事しながら、ドンドン録画した映画なら詰まらなくても消せば良い。
実質無料、手間なしだから惜しいことはないのだけれど、それだけにいざ実際に映画館まで足を運び、料金を払って退屈な作品を見せられた時の残念さは大きくなった。
そうなるとまず行こうと思えるような映画は、映画館でしか出来ない体験が、出来そうな作品となる。
今ならやっぱり本格的な3Dかな、ということで、行ってきたのですが、結果、この作品は合格点です。

[ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@3Dには海という手がありました]...Read more

スポンサーサイト

Theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
Genre : 映画

タイタンの逆襲3D@派手な映像満載で3Dの迫力は楽しめた

2012-05-04 | 16:08

最初の映画は、駅に走り込む列車を撮ったモノだった、という歴史を考えると、内容より映像を、というこの作品は古き良き映画の王道かもしれない、とも思えます。

ストーリー自体はペルセウスが世界を破滅させようとするクロノスとその仲間、生み出された怪物たちと戦うという単純なモノ。
さらにハデスが心変わりしていく過程もなんとなくで、少し弱いのですが、これだけ派手な映像を見せてくれるのだから、イイですよ。
娯楽映画として合格点、充分とれています。

ともかく魔人やら巨神や怪物やらが後から後から出てきて、迷いこんだり潜りこんだりする神殿やら迷宮やらも映像的な迫力は満点。
観ている間は手に汗握る。
わざわざ映画館まで行く手間も、観終わって元は取れたと感じました。
光で飛ぶという宇宙船だよりだったジョン・カーターより、もっともらしくても地味だったヒューゴの不思議な冒険よりも、わざわざ映画館に行って観る3Dの値打ち、という基準で計ったなら、私ならコレ一択ですね。

望むなら3D映像を、もっとこちらに、ってことでしょうか。
炎とか咬みかかって来る怪物の牙とかを観客側に飛び出せて驚かせて欲しい。
火を吐かれても横から横、ばっかりじゃな。
観る方は、より強い刺激を求めているんで、グロテスクで悪趣味なのはカンベンですが、もっと迫力を!と望んでおきます。

Theme : 映画館で観た映画
Genre : 映画

ベオウルフ/呪われた勇者   英語圏最古の原作で証明された人類の到達

2009-01-12 | 15:49

剣と魔法と炎を吐くドラゴンの世界・・・もういい加減飽きた設定ですが、それをベオウルフに言っては気の毒です。
なんとこの原作は8世紀に成立した最古の英語文学なのでした。
そうなると一種の教養からも抑えておきたい1作ですね。

監督がR・ゼメキスなんですが、映像はフルCGです。
でもそんなことすぐに忘れてしまうほどの出来です。
パフォーマンス・キャプチャーの元ネタはA・ジョイリ-やA・ホプキンスなんですが、夕暮れの日の光や、打ち寄せる波の泡立ちなどが人と溶け合う様は、もうここまで来たか、という恐ろしさすら感じさせますね。
登場人物の魅力の元ネタ、これは限られた才能を持つ俳優や女優に頼らなければならないにしろ、荒れる海でのダイナミックな航海や、洞窟に住む異形の魔女など、もうまとめてCG化してしまった方がイイんですね。
驚くべき技術だと思います。

[ベオウルフ/呪われた勇者   英語圏最古の原作で証明された人類の到達]...Read more

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2006-12-21 | 22:49

魔法使いの少年が・・・と聞いても40代のオヤジはあまりファンタジーには興味を抱かない。

それでも社会的なブームに煽られて見てみると、映画は充分に楽しめる。
それは原作に真の力があり、主演の男の子と女の子を初め出演者がイメージを良く再現していて、映像技術が卓越しているからでした。
まさに今だからこそ撮れた映画で、原作と映像技術の幸福な結婚だ、と思いました。

ただそれも4作目となれば少しは飽きもくる。
もともと

[ハリー・ポッターと炎のゴブレット]...Read more

Theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
Genre : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。