スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯ブラジル大会@オメデトウ、ノイアー&神になれなかったメッシに観るまどかマギカの予言

2014-07-14 | 21:02

1)最優秀GKノイアーに拍手
フィールドにまで大胆に進出しながら、盤石の安定感も兼ね備えるという難事を成し遂げドイツを優勝に導いたマヌエル・ノイアー。
内田くんにもずいぶん親切にしてくれていたようで、震災へのメッセージにも気配りしてくれていて、感動しました。
今回、彼が示したスタイルは今後GKの新たな基準になるのではないか?
卓越した判断力と抜群の身体能力が必須だとうけど、サッカーの新たな可能性を切り開いたと思う。
今大会のMVPは彼だろう。

2)神になれなかったメッシに観るまどかマギカの予言
今も過去に置いても、観戦すれば最高に楽しませてくれる選手がリオネル・メッシです。
今回のWカップは守備の義務からの逃れ(=全員守備の全員攻撃という現代サッカーの頸木から自由になって)、一人、神の領域を見せてくれるかと思ったけど不発でした。
最も大きな原因はディ・マリアの不在だったろうな。

では何故ディ・マリアがいなくなったかと言えば、決勝トーナメント二回戦、ベルギーとの試合前半30分に見せたフィールド中央やや左サイドからはるか前方の右サイドに出した絶妙という域すら超えた神がかりのロングパス。

球筋が光り輝くような、ちょっとぞっとするようなロングパスでしたが、アレに追いつこうとしてディ・マリアは故障し、それからメッシの勢いも止まってしまった。
神の子がそれ故に出し得た一条のパスが、その恩寵を広める使徒を傷つけて福音は止まった。

[W杯ブラジル大会@オメデトウ、ノイアー&神になれなかったメッシに観るまどかマギカの予言]...Read more

スポンサーサイト

W杯ブラジル大会3位決定戦、瞬発力が、有り得ん・ロッベン&終わるのが寂しいな

2014-07-13 | 22:05

前記事で書いけど、ブラジルはオランダのスピード溢れる攻撃に3失点。
得点出来る感じがしないという予感も、0得点ということで、悪い予感が的中してしまいました。
印象的だったのは、倒されたロッベンが芝の上で笑っていたことで、これは確かに自分で言っている通り、燃料タンクは0だろうな、と。
中二日でご苦労さま、としか言えない。
やりきった男の顔は、あんな風に笑えるんでしょうね。
それにしてもロッベンの瞬発力は、それだけでファンタジーでした。
ボールが渡った瞬間に生じる目を見張るようなスペクタクルは、(有り得ん)アリエン・ロッベン。
ま、オランダもこれだけやったんだから、明日のアルゼンチンは分かってんだろうな、南米補完計画。
たのんまっせ、メッシ、ディ・マリア、イグアイン、マスケラーノの旦那方。
今日のオランダ観てたら疲れてんのなんのって言い訳は出来ないよ。

それにしてもWカップも明日でお終い。
私は昨日位から寂しっくって仕方がない。

[W杯ブラジル大会3位決定戦、瞬発力が、有り得ん・ロッベン&終わるのが寂しいな]...Read more

アルゼンチンに、ワールドカップブラジル大会の南米補完計画を願う

2014-07-10 | 21:22

ブラジルの負けっぷりにビックリしてしまい、アルゼンチンが心配で早起き!と言っても試合はだいぶ進んでいてHDDレコーダーで追っかけ再生です。
セレモニーはすっ飛ばして試合から視聴ですが、FXや株価指数先物を取引する私はNY市場の数字もチェックしないとならない。
ダウにドル円、ユーロドル、日経夜間の数字なんかを見ているうちに前半の半分は終了。
チラ見ですが、アルゼンチンもオランダも選手たちに多少の疲労の影はあれど、闘志に溢れ、スピードも豊かで強く激しく巧みで、ダーティなプレイは少ない。
私には素晴らしい試合に感じました。(録画は残してあるのでもう一度観ます)
もし昨日のブラジルもこんな試合をしていたなら、負けてもあれほど叩かれることはなかったよね?
早く起きてボーっとしながらそんなことを思いました。
だんたん目も覚めて来て、結果延長からのPKだったので、全部は見切れず。
残りは昼休みに観終えたのですが、ほっとしました。

まず問題は3位決定戦ですね。
正直、昨日の出来だったら、お疲れ気味とはいえ速さならドイツ以上のオランダをブラジルは止めることが出来ないでしょう。
唯一の希望は累積で出ていなかったチアゴ・シウバが休養充分でコンデション良好。DFラインを統率出来れば負けはないか?

[アルゼンチンに、ワールドカップブラジル大会の南米補完計画を願う]...Read more

王国の魔法、砕け散る!2014ブラジル大会7月9日セミファイナル@ベロゾリオンテ

2014-07-09 | 22:14

心底ビックリしました。
ドイツ相手に7対1という歴史的大敗を喫したこの試合にです。
パワフルな個人技に加え、正確に素早くパスを回すドイツに対し、慌てふためくブラジルは、栄光のセレソンというより手合い違いの3流チームのようでした。
1トップで使われ続けたフレッジは、本当にフィールドにいたのでしょうか?
怪物みたいだったマイコンはパワーもスピードもすっかり衰えていたし、フェルナンジーニョやルイス・グスタポはホントにカナリアイエローのユニフォーム着ててイイんでしょうか?
この試合でセレソンらしかったのはマルセロだけだった。

マラカナン以上の悲劇をまさか今日、ミネイロンで見られるとは思わなかった。
とりあえず王国ブランドは完全に崩壊し、サッカー選手市場でのブラジル・プレミアムは消し飛ぶでしょうね。

私がサッカー観戦が好きな理由は、時に素晴らしく美しいプレーが見られるからです。
そして美しいサッカーと言えばブラジルで、強いサッカーと言うのもブラジルなのです、私の場合。

[王国の魔法、砕け散る!2014ブラジル大会7月9日セミファイナル@ベロゾリオンテ]...Read more

アンチポリバレント@ふらふら歩くメッシはどこまで行くのか?

2014-07-03 | 21:53

欧州チャンピンオンズもユーロもWカップも制覇していたバルセロナ風スペインサッカー。
ともかくパスが繋がって、相手にボールを渡さないんだから最強!と言われていたのに、より速く、より高くを加えたバイエルンにやられたかと思ったら、そのバイエルンまで個の力を押し出したレアル・マドリッドのカウンターにやられた。
まあ旬も過ぎたかと思えばこそ、前回優勝のスペインがオランダ相手てはいえグループリーグ初戦で5-1負けとは思いませんでした。

サッカーにおける戦略とは「所業無常の響あり、ただ春の夜の夢のごとし」とも感じ入ったのですが、組織化された現代のサッカーでは、卓越した個はありえぬ!
ポリバンレントこそ絶対の傾向!
いくら「優れたFWでも、守備しないヤツは使ってやらない」というのはまず覆らない、いわゆるサッカー進化の法則だと思っていました。

ところが今回2014ブラジルWカップで、その絶対法則を公然を破っている選手が一人いる。
言わずとしれたリオネル・メッシさんで、一人だけ見ているとWカップの対戦フィールドにいる、というより公

[アンチポリバレント@ふらふら歩くメッシはどこまで行くのか?]...Read more

2014Wカップブラジル大会 決勝T@フッキのハンドは気の毒だった&他の印象覚え書き

2014-06-29 | 21:28

決勝トーナメント1戦目はブラジルvsチリ
走って走って走りまくるチリは、絶対に負けられないノックアウトランドでは実に嫌な相手でしょう。
この試合もチリは走りまくってブラジルにスペースを与えず。
個人技を封じ込め試合は延長でも勝負がつかず、結局PK戦で主催国ブラジルは薄氷の勝利をつかんだのですが、フッキのハンドは気の毒だったよね。

終了間際のチリのシュートが入っていたら第二のマラカナンの悲劇再現だったのではないか?(笑
笑いごとじゃないか。
反対デモが一気に盛り上がって大会中止に追い込まれていたかもしれない。

日本に対して泣けるメッセージを送ってくれたフッキは、超人ハルクみたいな身体なのに速いはタフだわで抜群の存在感。
応援しているのでこのまま優勝して欲しいですね。

[2014Wカップブラジル大会 決勝T@フッキのハンドは気の毒だった&他の印象覚え書き]...Read more

2014Wカップブラジル大会の話とか録画したアニメDVDの話とか

2014-06-25 | 22:17

日本代表一分二敗でGL敗退は残念でした。
今回の代表チーム、なんかおかしかったですね。
強化試合とまったく別のチームの如くで、緒戦からまったく動けてなかった。よほどコンデションが悪かったのか何なのか?
ま、スペインもイングランドもイタリアもGL敗退ですから、決勝トーナメント進出は当然という見方は、少し希望的観測過ぎた。
日本人選手の活躍はメジャーリーグと始まったウインブルトンに期待しましょう。

でも大会自体は実にオモシロイ。
ブラジルという土地の熱気が各チームに伝わっているかのようで、エキサイティングな試合が多いです。
今大会、ネイマールの大会になるのかメッシが凄味を見せるのか?
あるいはコスタリカが奇跡の進撃を起こしたりしてね。
これからも楽しみに見守りたいと思っています。

後の楽しみはアニメですが、本日「恋物語」が到着。

[2014Wカップブラジル大会の話とか録画したアニメDVDの話とか]...Read more

2014ワールドカップ・ブラジル大会ガイドブックは何を買ったか?

2014-06-11 | 22:52

いよいよワールドカップ・ブラジル大会が始まりますが、私はとりあえず全試合録画!
重要な試合(日本戦)と主要強豪国(ブラジル、アルゼンチン、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ウルグアイ)辺りの試合はなるべく当日中に観て、残り物は延々、休日のトレーニング中に長期的に消化する、という方針です。

で、書店に行くとワールドカップガイドブックが山のように積まれ始めてますが、1冊は買うことをおススメします。
終わった後でもその本は残るから思い出になるんだよね。

問題はどの本を買うかです。
本来なら全部でも買って延々と読んでいたい。
ワールドカップが始まる前にその直前情報を集めた本を読んでいるというのは幸福の極みなんですが、そんなことばっかりもしていられない。

[2014ワールドカップ・ブラジル大会ガイドブックは何を買ったか?]...Read more

Number PLUS 完全保存版 南アフリカW杯総集編@南ア杯の想い出に

2010-08-01 | 16:32

南アフリカWカップの総集編ですが、非常にバランスの取れた編集で、読み応え満点の1冊でした。

人柄を印象付けるイニエスタのインタビューは、良く実現出来ました!
ホントにイイ人なのね、イニエスタ。
それにしてもまさかあのイニエスタがWカップの決勝点を放り込むとは、感慨無量。

STORY OF 3KEYMEN 遠藤、長谷部、阿部が語る「堅守の舞台裏」も優れたドキュメントになっています。

ガーナが好きだったんで、ギャンのインタビューが取り上げられていたのは楽しい誤算。

フランスとイタリアの自壊記事も良くまとまっていました。
この大会を振り返る上では忘れてはならないトピックスですよね。
カンナバーロの写真は寂寥感満点。
後、アフリカの少年たちの写真も良かった。
ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの記事もちゃんとあります。

日本代表監督の話は消えたのでしょうか?

[Number PLUS 完全保存版 南アフリカW杯総集編@南ア杯の想い出に]...Read more

Theme : サッカー
Genre : スポーツ

最後は技! 2010Wカップ、スペイン優勝! パスサッカーを証明す!

2010-07-12 | 20:44

 攻撃が持ち味のチーム同士なので、華麗な射ち合いになる、という観測もありましたが、オランダは非常に激しいタックルと、ファールを連発し、イエローカードは実に10枚。与えたFKは34本。
体格に優ることを武器に、スペインの攻撃を徹底して潰しては、カウンターという戦いに終始しました。

試合は0-0のまま延長へ(意外な展開!)
それでも延長後半10分に決勝点を決めたのは、セスクとパスを交換し、DFを振り切ったイニエスタでした。

テレビの評では、今日のスペイン、あまり良くないという声もありましたが、オランダのような速さと高さと強さのあるチームに、ラフな肉弾戦を挑まれてもスタイルを失わなかったスペインは、今大会で一番の出来と感じました。

私はボクシングも総格も好きなので、ルールの中なら殴りあいも蹴り合いも楽しむ方なのですが、サッカーはあくまでボールを蹴るスポーツ。
やっぱり綺麗なプレーを応援したくなるのは人の心ではないでしょうか。

美しくとも勝負には弱いとされたパスサッカーで、Wカップを制したスペインの見事な勝利でした。

[最後は技! 2010Wカップ、スペイン優勝! パスサッカーを証明す!]...Read more

Theme : FIFAワールドカップ
Genre : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。