スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE有頂天ホテル

2006-12-31 | 15:33

沢山の映画と人々への愛が歌われているような傑作です。

ある有名ホテルの大晦日の1夜に集ってくる人々。
すぐに彼等は三谷流に絡み合い、笑って泣かせるエピソードを紡ぎ出します。

精緻な構成はお見事ですし、出演者の方々も生き生きと動いてます。

グランド・ホテル形式ですね、と思ったらセリフになってました。
その他でもオマージュされた映画は、沢山あります。
「白塗りになってバックグランドでさ迷うことになる伊藤四郎は、オペラ座の怪人?」に、
「ギターを背負った客室係は、小林旭の渡り鳥シリーズ」。
「金髪の鬘がピッタリの篠原涼子は、プリティ・ウーマンのジュリア・ロバーツ」
「取り違えられた松たか子(好きな人ではなかったですが、この映画では

[THE有頂天ホテル]...Read more

スポンサーサイト

Theme : TVで見た映画
Genre : 映画

マドンナ コンフェションズ・ツアー ライブ・フロム・ロンドン

2006-12-30 | 22:16

大して興味のない人でしたが、初っ端からのメタリックな演出と驚愕の完成度に圧倒されました。
マドンナのサイボーグ化した肉体は、女性が筋肉とシャープな動きを誇る21世紀的な美意識の権化ですね。
圧倒的な意思をもった存在がフィットネス・トレーニングとサプリメント化学を使役すれば、何をなすかという見本のような動きです。


コンサートの背景となる映像は力が漲り、周囲のダンサーは、女性、男性、黒人、白人を問わずみな極限のレベルに思えましたが、太陽のように中心で輝くのはマドンナ。

多くの星を従える巨大な恒星のようです。
ケタ外れのパワーの源は、飽くこと知らない強靭な意志でしょう。
それは核を融合させて輝く本当の星のように、果てしないモノに思えます。


[マドンナ コンフェションズ・ツアー ライブ・フロム・ロンドン]...Read more

Theme : LIVE、イベント
Genre : 音楽

一足速い初詣と1年の感謝をする日

2006-12-30 | 22:14

人込みが嫌いなので、今日行きます。
人の行く裏に道あり、です。

本日は首都高も下道も空いていてクルマがクルマとして使えます。
風は冷たく天は高く、参拝日和の冬の好天です。

取りあえず1年を乗り切りました。
良いことも悪いこともありました。
来年も色々あるでしょう。
良いことは感謝と共に戴くとして、ただ困難と戦う勇気を!と祈りました。

実は私、祈りだすと長いんです。
回りから変人扱いされたくないので、気を使って自分では短めに切り上げているのですが、そうすると欲求不満になり、もう1度とやりたくなるんです。
どうも手を合わせて祈りの体勢になると、何故か心の深い場所に降りて

[一足速い初詣と1年の感謝をする日]...Read more

Theme : いま想うこと
Genre : 日記

険投資家ジム・ロジャース世界大発見  ジム・ロジャース

2006-12-29 | 17:25

著名な投資家ジム・ロジャースの旅の本です。
その旅は、自家用ジェットではなく、ファーストクラスでもなく、前回はバイクでしたが、今回は改造ベンツに乗って地上を、時には道なき道を走り抜きます。

アイスランドから欧州を経てトルコから中央アジア、中国を横断し日本へ。そして船でロシアに戻りロシアを突っ切りアフリカに下り西海岸から南アまで行きそこから北上。アラビアからインドへ、東南アジアは豪州へ、南米からメキシコ、アメリカ、カナダを通ってアラスカに・・・

よく世界1周旅行と云いますが、この人の場合、興味のある国は全部行く。そして見る。そして体験して考えます。

[険投資家ジム・ロジャース世界大発見  ジム・ロジャース]...Read more

Theme : 投資関係の本
Genre : 株式・投資・マネー

独白するユニバーサル横メルカトル   平山夢明

2006-12-27 | 17:42

独白するユニバーサル横メルカトル   平山夢明
鬼畜路線は分野を問わず好きでないので読み独白するユニバーサル横メルカトル   平山夢明
鬼畜路線は分野を問わず好きでないので読み始めることに抵抗がありましたが、杞憂でした。
読後、極めて印象的な短編集で、この独創性は今年の日本ミステリー界の収穫といって良いと思います。

平山さん、かなりの映画好きですね。

「Ωの聖餐」の優雅ともいえる語り口とずば抜けたインテリジェンス、食への記憶とこだわりは、まさに
ハンニバル・レクターの見る悪夢でしょうか。

[独白するユニバーサル横メルカトル   平山夢明]...Read more

Theme : 推理小説・ミステリー
Genre : 本・雑誌

さあ、カンタービレ! 歌うように!

2006-12-25 | 22:51

最終回でした。
盛り上がるだろうと思ってましたが、予想以上に良かったです。
昨日は5巻までですが、原作のマンガも読みました。
マンガを読むのは久々ですが、良いですね。
ラフマニノフなんて音楽が浮かんできて夜中に聞いてしまいました。

二ノ宮知子さんは絵も巧い!
凝ったキャラに仕上げたシュトレーゼマンの五巻、ラフマニノフ演奏中の第三楽章の4pめと93pめの柔らかな表情なんてさりげなくも絶品です。

読み終えてみれば、今時珍しいような1直線の青春ストーリー
みんな音大生だから音楽に夢中になる。
ベタベタな王道をいく王子様のヒーローと、彼に恥じも外聞もなく一途になるヒロイン。
でもその恋敵はオカマだったりする。
脇の峰クンのキャラクターは目立たなくても、光ってます。
自分は精一杯のつもりでも・・・いつも甘さを感じてしまう役処。
分かるなぁ、と思わせます。

曲の使い方も凄いセンスです。
今どき敬遠されがちな、「苦難を乗り越え歓喜へと至れ!」という根性路線のベートヴェンをテーマにもって来たのがきせずしてというか、本来のテーマそのものなんですよね。
ラストのラプソディ・イン・ブルーも短くも美しく燃え、という青春賛歌。

音楽が出来るということは、当たり前ではない@ミルヒ」
これは生きるということも同じということです。
だから。

そう。

カンタービレ!

歌うように!

Theme : のだめカンタービレ
Genre : テレビ・ラジオ

ミッケル・ケスラーvsマルクス・バイエル S・ミドル級統一戦

2006-12-24 | 18:48

ボクシングにおけるファイトスタイルは個人によっても変わってくるが、人種によっても大きく違う。
個人的には、しなやかでバネのある黒人や中南米の選手が好きだ。
今まで好きな選手はみんなそうだった。
反対に白人のファイター、特に正統派のヨーロッパ・スタイルのボクサーは好きになれない。
彼等は太い骨格と恵まれた筋肉で力強いファイトをするが、いわゆるファンタジー、面白さに欠ける。
そんな中で例外的にファンになってしまったのが、デンマークのミッケル・ケスラー。

そのスタイルはまさにユーロピアン正統派そのものなのだが、ひたすら攻撃的なファイトをする。

[ミッケル・ケスラーvsマルクス・バイエル S・ミドル級統一戦]...Read more

Theme : ボクシング
Genre : スポーツ

大混雑のみゆき通り散策と銀座「大雅」

2006-12-24 | 00:50

村上隆の本を読み、それからコラボをしたルイ・ヴィトンのマーク・ジェイコブスへと興味が移り今回はルイ・ヴィトンの服を見たくなったので、みゆき通りに行きました。
良いセーターがあったら買うつもり。

途中のエルメス店を覗くと、店内はほとんどアメ横並の混雑。
でももっと凄いのがグッチ店でコッチはイケメンのドアマンが入場制限中。
日本の年末もスゴイね、どうも。

みゆき通りもいつの間にか、シャネルにヴィトンにD&G、ロエベ、ブリガリ他多数で、すっかり外資ブランド通りです。
渋滞も凄まじく、我々が店内散策を続けるては出てくるといつも同じポルシェが止まっている。
どうやらこの日のみゆき通りの通過スピードは、人が歩くスピード+店内散策の移動時間がいるようです。

肝心のヴィトンでは、LVマークを一面に散らしたジャケットがあったので見ていると

妻「あなたが着ると売れない演歌歌手みたいなるよ」
俺「じゃあオマエが着るとどうなんだよ」
妻「二人で着ると漫才のコンビになれる」

だそうです。

[大混雑のみゆき通り散策と銀座「大雅」]...Read more

Theme : ファッション情報
Genre : ファッション・ブランド

プラネタリウム「北斎の宇宙」と昼食難民、エルメスのジャケットの値段

2006-12-24 | 00:46

祭日ですが、午前中は働いて午後からは娘と妻を伴って、日本橋で開催されているプラネタリウム「HOKUSAI」を見て来ました。

昼過ぎに日本橋に到着し、まずは食事と会場の向かいにある三越日本橋店に入店。
ところがどのレストランも長蛇の列!
プラネタリムの予約が3時なので、あまりのんびり出来ません。
新館の筑紫楼でフカヒレの姿煮を狙って待ったのですが、全然約定出来ず。
デパートから出ても周囲のお店もみんな順番待ち!
なんで食事を取らないとお腹が減るのでしょう。
まったく人というのは不自由なモノです。

間に合わないとしょうがないので結局、イベント会場に戻り、露天の

[プラネタリウム「北斎の宇宙」と昼食難民、エルメスのジャケットの値段]...Read more

Theme : クリスマスだから
Genre : 日記

宇宙戦争@HG・ウェルズ&S・スピルバーグ

2006-12-22 | 23:16

ハリウッドで、世界のTVで、小説で、その後、幾多の「宇宙戦争」が描かれたことだろう。それもみな、このH・G・ウェルズの傑作が淵源なのでした。

ウェルズがこの小説を書いたのは実に1898年!
異星からの侵略者という存在の創造と共に、この小説で卓越していると思うのは、宇宙を越えてやってくるという圧倒的な科学力を持った相手に、どう勝つか?
という問いへの答えの発想。
この逆説的な解答は、

[宇宙戦争@HG・ウェルズ&S・スピルバーグ]...Read more

Theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
Genre : 映画

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2006-12-21 | 22:49

魔法使いの少年が・・・と聞いても40代のオヤジはあまりファンタジーには興味を抱かない。

それでも社会的なブームに煽られて見てみると、映画は充分に楽しめる。
それは原作に真の力があり、主演の男の子と女の子を初め出演者がイメージを良く再現していて、映像技術が卓越しているからでした。
まさに今だからこそ撮れた映画で、原作と映像技術の幸福な結婚だ、と思いました。

ただそれも4作目となれば少しは飽きもくる。
もともと

[ハリー・ポッターと炎のゴブレット]...Read more

Theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
Genre : 映画

男はついらいよ ぼくの伯父さん 寅次郎の休日

2006-12-20 | 22:27

いよいよ満男が主役化し、寅さんは元気がなくなってくる作品です。
この作品以降は、旅に出る寅さんがホント、辛そうです。

対して、初登場のゴクミは溌剌として元気一杯。
当時、寅さんシリーズとは、キャラクターからのイメージが違うと思っていた後藤久美子を起用した山田監督の発案はズバリと的中してます。
庶民派でなく気高いセレブ風味を漂わせていたゴクミは、映画の中で一種異物となり、それが周囲と溶け合うのでなく、摩擦するような感じで盛り上がるんですよね。

それにしてもゴクミはなんだか武者人形みたいな顔で、表情には強さと

[男はついらいよ ぼくの伯父さん 寅次郎の休日]...Read more

Theme : 日本映画
Genre : 映画

あえて生カキを食べてます

2006-12-20 | 21:25

このところ連日、ノロウイルス騒動で価格暴落中の生カキを食べてます。

実際にカキからウイルス感染があったわけではないようなので、暴落しているところを逆バリです(笑
ファンダメンタルが悪化したわけではなく、要は風評です。
今回の下げは、行動ファインナンスの言う処の些少確率の過大評価だと思います。(宝くじなら売り手にまわりたい、のと同じ原理)
カキの先物があれば買い下がりたいところです。

まぁ、もともとリスキーなこともない食べ物なので、そろそろ止しときますが、美味しかったです。

そんなにカキが好きなら、熱を通せば良いだろう、と思われるかもしれませんが、カキフライは嫌いなのです。
子供の頃、トンカツだと思って喜んで口に放り込んだら、あのグシャという柔らかさ!にショックを受け、トラウマになってしまったのです。

それにより暴落しているのは生のほうだしね。
ETFを買うより自分で直接先物を買った方が率が良いのと同じです!
違うか(笑

Theme : ご飯日記
Genre : グルメ

亀田興穀vsランダエタ  WBAライトフライTM

2006-12-20 | 20:48

スタイルを変えると宣言した亀田クンはちゃんとボクサーになってました。
やれば出来るんですね。
驚きました。

ランダエタも驚いたと思います、
スムーズなサークリングとボディワーク、モーションのないパンチも良く伸びてました。
ランダエタのパンチが軽く見える。
そんなランダエタの作戦はボディを攻めて後半の勝負でしょうが、亀田クンはボディは強い。
老獪な試合巧者を押し切りました。
ランダエタは、中間距離からのアッパーを狙いたかったですね。

今回は認めます。
今日は立派な勝ちでした。

Theme : ボクシング
Genre : スポーツ

FIFA最優秀選手にも!カンナバーロ、バロンドールと2冠獲得!

2006-12-18 | 23:07

イタリア代表のDF、ファビオ・カンバーロがバロンドールに続いてFIFA最優秀選手にも選ばれました。
華やかなFWでなくDFが選ばれるというのは、それだけ彼のプレーとキャプテンシーが突出していたせいでしょう。


以下の画像は探偵野原の日々の泡様から拝借しております。
img54ce6104miigds.jpg


この写真は、Wカップ優勝を掛けたPK戦で、MFとしてパス出しに抜群の冴えを見せるもののどこか線の細そうなピルロが、カンナに抱きついて見守っているところです。
写真についているようなキャプションが某巨大掲示板で出回り笑わせてもらいました。

でもこの後、PK戦でイタリアが勝つと、ピルロはカンナを突き飛ばしてフィールドに駆け出して行きました。
そんなピルロにもカンナはニッコリ、大人の男の余裕を見せてました。

Theme : 欧州サッカー全般
Genre : スポーツ

インテルナシオナル、バルセロナを破る! FIFAクラブWカップ決勝

2006-12-17 | 21:49

緊張感のある素晴らしい試合の末、インテルナシオナルが本命のFCバルセロナを破りました。

ロナウジーニョは、セアラーのマンマークの前に無力化され、デコの奮闘も今一歩届かず。グジョンセンはどうもブキッちょだったなぁ。
それに対してインテルナシオナルの勝負根性は、これがブラジルの底力なのか・・・
代表が一人もいないチームがバルセロナに勝つんだもんなぁ。

イアルレイの作った1チャンスをモノにするリアリズムはなんなんだろう。
トヨタカップはいつも南米チームを応援するのですが、今回ばかりは

[インテルナシオナル、バルセロナを破る! FIFAクラブWカップ決勝]...Read more

Theme : 2006年FIFAワールドカップサッカー
Genre : スポーツ

数学的にありえない下巻   アダム・ファウアー

2006-12-17 | 12:38

上巻の記事で、この作家は科学ネタの使い方がM・クライトンほど上手くない、と書きましたが、訂正させて頂きます。

下巻に入り、冒頭ラプラスが正規分布を示す確率論を天体運行に当てはめるエピソードから、確率論は統計学を予言する方程式をつくることで、誤差の最小化云々は、最小2乗法の・・・件など、こういう衒学ネタの要は、知っていることの組み合わせの妙なのだなぁ、というお手本のような数ページでした。


小説は、そんな御託も過ぎてからはスリリングに読ませる読ませる。
二転三転の連続で不可能技を切り替えし、読むほうは

[数学的にありえない下巻   アダム・ファウアー]...Read more

Theme : 推理小説・ミステリー
Genre : 本・雑誌

数学的にありえない(上)  アダム・ファウアー

2006-12-16 | 20:46

理系ネタを下敷きにしたアクション・ミステリー小説です。
路線としては、巷間言われている「ダ・ヴィンチ・コード」よりマイクル・クライトンに近いでしょう。

小説は、あまり爽やかとは言えない病気のシーンから始まり、すぐに抜群の美女にして有能なCIAの女性工作員が出てきて、なんだか、ありきたりだなぁ、大丈夫かなぁ、と思わせ、さらに理系のネタが、「シュレジンガーの猫」や「ラプラスの悪魔」、同じ誕生日のクラスメイトの話など、ちょっとその方面が好きな人ならとっくに知ってるよ、という話題で、上下巻いっぺんに買ったのは失敗だったか、と思わされるわけです。

ところがこの新人作家さん、読者にページをめくらせる、いわゆるベクトル感覚が物凄い!
素材一つ一つにはちっとも感心しないのに、忙しい仕事の合間を縫

[数学的にありえない(上)  アダム・ファウアー]...Read more

Theme : 推理小説・ミステリー
Genre : 本・雑誌

ジム・ロジャースが語る 投資の戦略

2006-12-15 | 22:59

以下の文章は、私なりの解釈、まとめなので、この本とは表現の違い、重点の置き方、主張が微妙に違っているところがあります。また具体的な部分は、はしょってもあります。
この記事だけ読んで、買った気になる人はいないと思いますが、誤解なきように。

1)投資手法は「安いこと」と「変化」に尽きる。
安くてプラスの変化が起こっているものを見つけ出しで買うこと。
基本的なファンダメンタルズが変化して、割安になったものを見つけること。
そして投資対象は、調べて調べて調べつくす。
それは自分でやること。全てを疑ってかかること。
世の中の流れ、トレンド(大きな変化)を捉えること。
ビックチェンジがビックチャンスです。

[ジム・ロジャースが語る 投資の戦略]...Read more

Theme : 理解を深めながら資金を増やそう
Genre : 株式・投資・マネー

こりゃ真冬の夜の氷雨の中でも跳ねるよ バルセロナvsクラブアメリカ FIFAクラブワールドカップ

2006-12-14 | 21:52

バルサって過密日程の中でイヤイヤ来てるんでしょう、なんて拗ねていましたが、すみませんでした。
せっかくの横浜国際総合競技場は雨。
満員の客も時差ボケの選手も辛そうで、大丈夫かいな、という懸念はデコからロナジのヒール、イニエスタを経てグジョンセンで決まる先制点からファンタスティックでした。

今日はともかくバルサの全員がファンタスティック!

[こりゃ真冬の夜の氷雨の中でも跳ねるよ バルセロナvsクラブアメリカ FIFAクラブワールドカップ]...Read more

Theme : 2006年FIFAワールドカップサッカー
Genre : スポーツ

インテルナシオナルvsアルアハリ  クラブWカップ準決勝

2006-12-13 | 21:47

今日の楽しみは、船戸与一の南米シリーズ風に残酷なまでに強くあって欲しいインテルナシオナルが、アルアハリを血祭りに上げるような圧勝を観戦したいとうこと。
要は、スゴク強いチームが見たいんです。

序盤、早く正確なパスを回し、格の違いを見せつけるインテルナシオナルに見違えたように動きの良くなったアルアハリが対抗、
今日のアルアハリは悪くないです。

それでも62分間でブラジルに衝撃を与えたといわれる17歳の天才時アレシャンドレが、相手のミスパスから決めて先制点。
早い体の反転と、短くも鋭い振りぬきから蹴りだされたボールは、やはり並の選手ではなかったです。

後半、うかうかしているイテンルナシオナルのキーパーの隙を、必死に

[インテルナシオナルvsアルアハリ  クラブWカップ準決勝]...Read more

Theme : 2006年FIFAワールドカップサッカー
Genre : スポーツ

風が強く吹いている   三浦しをん

2006-12-12 | 22:12

心と身体に傷を負った二人のランナーが出会ったことから、同居しているオンボロアパートの住人達は、なんと箱根駅伝を目指すことに巻き込まれてしまいます。
そのメンバーは明るい双子、マンガオタクに、「黒人は足が速いというのは偏見です」、という理系のアフリカ留学生、タバコ中毒留年生、クイズ狂、司法試験合格者、田舎の神童・・・


基本は駅伝と陸上競技について詳細に取材され、スポーツを通して語られる教養小説です。

特徴としては、主人公となる二人の元ランナーだけでなく、一緒に走ることになるメンバー全員の成長が詳しく怠りなく綴られること。
そのため物語りは、多少スピード感に欠けますが、じっくりと読め、なにより著者が主張したかったであろう、
「強さ(速さ)は単純なものではない。人それぞれの戦いの中にこそある」

[風が強く吹いている   三浦しをん]...Read more

Theme : 三浦しをんさん、布教中。
Genre : 小説・文学

全北vsクラブアメリカ  FIFAクラブワールドカップ

2006-12-11 | 21:17

昨日があまりにあんまりな試合だったので、今日は期待してました。
熱い韓国チームと南米風の華麗なる個人技が匂ってくるクラブアメリカ。
懐かしのクラウディオ・ロペスもでます。

試合は寒い日本の気候が合わないのかクラブ・アメリカの動きが鈍い。
全北もあまり当たりに行かないので盛り上がりません。
それが一気に目覚めたのは、右サイド、ヒールで流されたパスを受けた選手がドリブルで切り込みミドルシュートを放ったとこから。
スゴエ。
C・Aの一瞬にテンポの変わる攻撃は、サッカー独特の幻惑があり魅力的です。
ただその後のクラブ・アメリカは雑な攻撃で決め切れません。
片鱗は見せれど決まらない。
欲求不満が高まって、だからヨーロッパに行けないんだな、なんて意地の悪い感慨がよぎります。

[全北vsクラブアメリカ  FIFAクラブワールドカップ]...Read more

Theme : 2006年FIFAワールドカップサッカー
Genre : スポーツ

アルアハリvsオークランドシティ FIFAクラブ世界選手権

2006-12-10 | 21:37

去年から欧州vs南米という形式だったトヨタカップが発展的に解消され、
6大陸のクラブ・チャンピオンチームが、一同に会して戦うことになったクラブWカップ世界1決定戦。

今回オセアニア代表のオークランドシティは選手がみな他に本業を持つアマチュア軍団。

・・・これが映画とかマンガなら劇的な活躍で勝ち上がるんでしょうけど、現実は厳しいというか、来年からは、ちょっと考えた方がイイでしょう。
対戦相手のアフリカ代表のアルアハリも当たりに弱く、見せるほどのテクニックもなく、ダラダラと続く試合は退屈で寝てしまいました。

なんとかなんないのかね。
FIFAは妙に拘るからな。

せめて開催国枠ってことで、アウェイでイイからJリーグの優勝チームを挑戦させてやって下さい。
それで負けて帰ってきたらアキラメますから。

Theme : 2006年FIFAワールドカップサッカー
Genre : スポーツ

オリバー・ツイスト

2006-12-09 | 20:07

ディケンズの名作をロマン・ポランスキーが80億の巨費を投じて映画化しました。

美術に衣装、セットに俳優までまさに完璧で、「簡単に分かる名作シリーズ@オリバー・ツイスト」のつもりで見ておいても良いと思います。
ただ非常に良く出来た映画ですが、ポランスキー特有の狂気はない。
あくまでディケンズの名作を読む代わりです。

ディケンズといえばキングがグリーン・マイルを分冊刊行するときに、

[オリバー・ツイスト]...Read more

Theme : 映画監督
Genre : 映画

このミステリーがすごい!2007年度版

2006-12-08 | 23:13

きょうの~、仕事はツラカッタ~
忙しかったです。
それでも疲れた身体を押して、買ってきました、今年の「このミス」

1位はまさかまさかの平山夢明さんの「独白するユニバーサル横メルカトル」!
実話怪談シリーズの作家が取るとは、驚きです。
「有名文学など読まずにきたので・・・@平山夢明」
良いんです!
実録怪談シリーズは1冊だけ読みましたが、確かな狂気の片鱗がありました。
こうした異才が出てこないと、そのカテゴリーは確実にエネルギーを失います。

[このミステリーがすごい!2007年度版]...Read more

Theme : 推理小説・ミステリー
Genre : 本・雑誌

日本vs北朝鮮@ドーハ、アジア大会

2006-12-07 | 22:15

前回の記事で、シリアに勝ちこれでスリルがなくなりましたと書きましたが、早とちりでした。
この大会は1位抜けだったのですね。
でも相変わらず私はこのチームが好きです。

今日は北朝鮮に2つのFKを決められて負けましたが、U21で23歳以上+オーバーエイジ3人の相手をフィールドでは支配していたのですから充分です。
課題は二つ。
勝負への執着が甘く見えることと、GKの松井には微妙な不安感を感じることです。

[日本vs北朝鮮@ドーハ、アジア大会]...Read more

Theme : サッカー日本代表 U-21
Genre : スポーツ

ミリオンダラー・ベイビー

2006-12-07 | 20:59

大俳優であり巨匠監督であってもこの映画に興味はなかった。
「許されざる者」も「ダーティーハリー」も実はそれほど好きではなかったから。
アカデミー賞を4部門獲ったからといっても、女性ボクサーという題材にも疑問があった。
女性の「格闘技」ならテニスが一番。
差別でなく向き不向きというのはあるものだ。

ところが見始めたら一気に引き込まれ、その後もピアノだけのシンプルな音楽と静かなラスト・シーンがアタマから離れない。
語り口の深さに静謐な魂の彷徨を見ることになった。
声高に叫ばず、奇もてらわず、急いでしゃべらなくても退屈させない。
15分に1度は見せ場を入れるハリウッドの物理法則からも自由である。

それでいてボクシングというハードな題材で過酷な生の現実を語り尽くす。

マギーの造型が秀逸である。

[ミリオンダラー・ベイビー]...Read more

男はつらいよ、寅次郎心の旅路

2006-12-06 | 23:24

男はつらいよ、シリーズ41作目。唯一の海外ロケ作品です。
そして最後の夏公開作品でもあります。

舞台がウィーンになったのは、ウィーン市長さんが、飛行機内で寅さんを見て気に入り山田監督に依頼して4年目に実現したようです。

「過酷な競争社会を避けて通ることは出来ない」
「毎朝満員電車に揺られながら考えちゃうんだ@満男」
受験に苦しむ満男は寅さんに憧れ、ノイローゼになった会社員、榎本明さんは

[男はつらいよ、寅次郎心の旅路]...Read more

Theme : 邦画
Genre : 映画

ヤフー動画のロアルド・ダールとインテルの入っている蚊

2006-12-06 | 16:51

ヤフーでロアルド・ダール劇場をやっています。
相変わらず人間の狂気を上手くあしらった短編で楽しめます。
二つ見ましたが、この2本に出てきたような女性を扱うのは大変ですね。
ヒステリックでエゴが強くて、こんな調子なら私は一緒にいたくありません。

それに引き換えインテルのCMで描かれる女性は健気です。

世界の人はみんな友達、というお気楽な格好で(危機管理意識0です)ジャングルに迷い込み、取り囲まれて怯えていると、インテルの入っている蚊がウホハ踊りで助けてくれる。

「あ、どうも」と言いながらの深ぶかとしたお辞儀と、
貢ぎモノを捧げられても「あの~、おかまいなく」という遠慮。

せっかく祭り上がられてもこれじゃ支配はできそうにない人の良さが出ていて、オカシクも可愛らしいです。
日本の女性、というか世界の女性にはこうあって欲しいです。
でもこう書くのはジェンダー差別なんでしょうか。

Theme : CM
Genre : テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。