スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイウエザーvsザブ・ジュダー  ウエルターTM

2006-05-14 | 23:24

神の計画した究極のスピードスターの決戦。
果てしてその運命は?


登場時から無敵なはずのメイウエザーは表情が固い。
試合が始まるとあのメイがガードを高く上げて守りにかかる。
さらに2Rはグローブをつくダウンを奪われる。
ジュダーの半身からのパンチが異様に伸び、超次元のディフェンスを誇るメイの防御を打ち破る。

共に神の速度を持つ二人だが、スピードの性質が違うと思う。
ジュダーのスピードはしなやかで伸びがあるが連続性をも感じるアナログ的なモノに見える。
メイの速度は一瞬、見ているフィルムの駒が飛ぶようなデジタル的な速さ。
ニュートン力学的なジュダーvs量子飛躍を伴う超次元の速度を持つメイウェイザーって感じ。

しかしデジタルvsアナログではやはりデジタルだろういう前評判を覆しジュダーの調子がバカに良い。ISDNよりADSL、見たいな感じか(笑

ところが中盤から打っているのはジュダーに見えるのに顔から出血して来るのもジュダー。
この辺がメイのマジックだ。
9Rからはメイのデジタルスピードのパンチが集中してくる。

10R、バッドボーイ・ジュダーがローブローを打ち、リング上は関係者が入り乱れる騒ぎになるが無事12R終了。

判定は3-0でメイだったが、メイを怖れされたジュダーの潜在力はやはり大きい。
スポンサーサイト

Theme : 格闘技
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。