スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾波レイの名画鑑賞@日記形式で読み説くレイちゃんの気持ち

2009-01-28 | 17:30

両膝を揃えて座っていますが、両手はふくらはぎの下を通されて、束縛的な体育座りからは逃れています。(画像はクリックで拡大します)
120

見上げた瞳には勝ち気な心情が覗いていて、何かオモシロくないことでもあったようです。
綾波レイは包帯姿や無口無表情な様子から儚げな印象が強いですが、アニメを見返すと使徒と戦う時など、闘志剥き出しという顔もしています。

寡黙でも弱い子ではないんですね。
怒ったような表情には、「良いもん、何さ、アタシは一人で生きていく」なんて思っているかのようですが、その原因はなんでしょう?


以下、綾波レイの日記
1月26日
昨日、エヴァゲリオンのDVDを見てショックを受けた。
シンジ君がセカンドとキスをしていたのだ。
セカンドの素行が悪いのは承知していたが、シンジ君、簡単に釣られ過ぎ!
今は軽蔑したい気持ちで一杯である。
重要な任務を担っているパイロット同士という自覚が足りないのではないだろうか?

明日は劇場版を見る。
アレ以上に二人の仲が進展していないことを信じている。

1月27日
今日は劇場版を見た。
見なければ良かったと後悔している。
シンジ君があんなことをするとは思わなかった。
大きな胸というのは、そんなに男性を惹きつけるものなのだろうか?
なんで私のは小さいのだろうか?
大した手間ではなかったはずなのに、やはり赤木親子は私に含むところがあるようだ。
なんとか少し大きめに改造してもらおう。
邪魔な気もするけど、私はファースト!
セカンドと呼ばれる女なんかに負けるわけにはいかない。
スポンサーサイト

Theme : 新世紀エヴァンゲリオン
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。