スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09全豪OP決勝ナダルvsフェデラー  ハードでもナダル!全豪初優勝!

2009-02-01 | 22:27

今年初めてのGSはラファエル・ナダルとロジャー・フェデラーの決勝となりました。
この両者の対戦ですから、お互いに今のは絶対無理、というショットを返しまくりさらなるスーパーショット連発でともかく見ごたえのある試合でした。

さて最近のナダルvsフェデラーの試合でのポイントは一つです。
曰く「フェデラーがナダルの問いかけてくるバックの力比べに解答が出せるのか否か?」

ところがこの試合では様相が違っていました。
フェデラーはバックのラリーを挑まれるとライジングで叩いてリズムを変え、積極的に回り込みます。
戦略は崩されますが、ナダル一切頓着せず、四つに組んでの勝負です。
第一ゲームをいきなりブレイク、すぐにブレークバックされますが、5-5から破って第一セットは7-5でナダル。
第二セットはフェデラーにキレが戻り、第三セットはナダルが振り切ります。
流れは交互に行き来します。
第四セットはナダルに心配されていた全豪史上最長激戦の影響化か、足が少し止まって6-3でフェデラー。
最終セット、流れはフェデラーと思ったところで最初のブレークはナダル。
ナダルも疲れていたようだけど、フェデラーも深く消耗していたってことですね。
最後はあっけなく崩れさりました。

フェデラーが本当に凄い時は、単に強い選手である、という段階から変身するフリーザみたいにフイっと次のステージに移行出来たんですね。
そうしてギアが上がると手がつけられない状態になった。
今回は最期までそれがありませんでした。
スーパープレイはあってもアンフォーストエラーが多く、ファーストサービスが入らない。
ブレークポイントなど勝負どこで取りきれない。

逆にナダルはどこまでも走り、あくまで強烈なトップスピンを打ち、追い詰められた状態からも絶対に諦めず、ブレークを握れば必殺のスピリットで取りきる。
そんなナダル相手に、フェデラー、2セット取ったのがせめてもの意地か?

5セットマッチの男子の試合は長編小説。
今日も流れが行き来しました。
ですが、一人の選手のキャリアは、さらに長いサーガです。
恐らくこの二人は伝説のライバルとして今後、百年語られるでしょう。
それならフェデラーの再びの神格化と、ナダルのさらなるドラゴン化を期待して今日の処はお終いです。
スポンサーサイト

Theme : テニス
Genre : スポーツ

Comment

良い試合は常にそうですよね。

>最後まで見ませんでした
二人にしては、精度のない一戦でした。
今回はご覧にならなくても良かったかもしれません。

>決まったと思ったショットが、ぎりぎりのところに返ってくる
最後はこのプレッシャーがフェデラーを折ったのだ、と思います。

>アンフォーストエラーが多かったのが敗因でしょうか?
そうですね。
後、フェーストサービスと決め処での弱さ。

>貴公子と野人と、フェデラーの押し返しがあるのでしょうか
是非、是非、あって欲しいです。
真に白熱した二人の試合を見たら、その時は泣くかもしれません(笑

とりあえず、この二人の現役を見られることに感謝です。

  • 2009-02-03 | 21:49 |
  • 晴薫 URL :
  • edit
心臓に悪い

 第三セット終了でナダルと判断、最後まで見ませんでした。たいした用もなかったのですが、どうも胸苦しくなるような展開で。決まったと思ったショットが、ぎりぎりのところに返ってくる。フェデラーにアンフォーストエラーが多かったのが敗因でしょうか?貴公子と野人と、対照的な二人ですが、フェデラーの押し返しがあるのでしょうか・

  • 2009-02-03 | 08:35 |
  • arz2bee URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。