スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【政府紙幣で】20万円貰えるかもよ?!【25兆円】

2009-02-03 | 23:24

自民党内から日銀発行でない政府紙幣で25兆円を発行。国民一人当たり20万円を配るという案があるようです。

ただで20万貰える!
ありえないだろう、常識的に考えてということですがどうでしょう?
とりあえず20万円が配られば消費は回復するでしょう。
今、急速に落ちている設備投資は、消費の急落が原因ですから、コッチも温まるでしょう。
GDPは=消費+設備投資ですから共に上昇!目出度く回復、不況を抜け出すでしょうか?

いや、ルーカスの合理的期待論の言うところによれば、こんなお金貰っても将来の増税を見込まれて効果などない、という意見もありましょうが、どうやらこの政府発行紙幣は国債にならないようなのです。
紙代と印刷代だけの負担でお金が出来る。
それを本当にただで配ってしまうんです。
これは壮大なモラルハザードですから、「円」の価値は大幅に下落するでしょう。
でも今円の実行レートは最高値を更新しています。
これは欧米よりマシということで、ファンダメンタル面的な側面もあるのですが、CFTC(大口投機筋の建玉)を見ると、投機筋はかなり円を買っているという背景もあるんですね。
この政策が実施されれば、投機筋は一斉に買い玉を反転、売りに転じて、円は暴落すかもしれません。
でも円の下落は、今瀕死の状態の輸出産業には干天の慈雨になるでしょう。
問題はあまりに下落しすぎて輸入品、日本ならオイルと食糧の買いがどうか、ということですが、当面の状況は商品相場も下落しているのでそんなに問題とは思えません。
それに円が高いから工場が海外に出ていったり、コストコントロールの為の派遣雇用の拡大、派遣切りが行われるのであって、円を暴落させてもう安い円で結構です。
今後、日本人はブランド物。高級輸入品は買いません。
海外旅行など超贅沢にさせていただきます。
名目GDPも中国に抜かれて結構、2流国としてマターリやります、ということに方針転換するとしたらどうでしょう?

やるべきなんでしょうか?

少なくても「明日の生活費に困っている!」という人には助かりますよね。

でも百年の国家の行く末を見通せば、自国通貨の下落に良いことはないです。
新たな世界に誇れる産業や偉業は成しえなくなるかもしれない。

最大の関門は、これほど大規模な政策が実行された歴史が過去にないことです。
だからその着地点が分からない・・・もしかしたらとんでもないインフレになるかもしれない。
いや、インフレとかってレベルじゃなくて、財政の、通貨の制御不能状態を招いて国家存亡の危機になるかもしれない。

今や日本はともかく自民党は完全に崖っぷちです。
こんな時期に政権を担当しているのも不運なんですが、あらゆることが裏目に出ています。
でも一人20万円配ればもしかして選挙に勝てるかもしれない。
というか、すでにそれしか選挙に勝てる方針はないかもしれない。

この大きなアドバールーン、実行される日は来るのでしょうか?
スポンサーサイト

Theme : 経済・社会
Genre : ニュース

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。