スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCが故障したときの喪失感は異常 @すでにPCは自分の一部だから

2009-02-16 | 20:25

昨日の夜11時前だったのだが、PCがフリーズ!
それも半端じゃやない固まり具合。
強制終了も無視され、タスクマネージャーも禄に立ち上がらない。
焦って焦ってなんとかシャットダウンまで持っていけたから一安心してもう一度立ち上げたら様子が変。
明らかに動作が遅くなっている。
セーフーモードで立ち上げたらサクサク動くので機械的なトラブルじゃないだろう・・・まあ今回はこんな処で回復してくれ、とまた祈るような気持ちで立ち上げたけどアウト!
夜中までやっているサービスに電話してアレコレいじったけど、ダメ。
すでに時計は12時半!
疲れたので終了。
とりあえずワードとエクセルのファイルと画像、メール、アドレス帳をUSBにコピーして電気屋さんに持っていった。
フェラーリブッツけた時もガッカリしたけど、あれはお金が掛かるだろうなあ、という世俗的理由。
PCの故障でデーターが飛ぶのって、今までの人生を否定された気分になって、軽く死にたくなる・・・・

でもみんななるのね。
パソコンが突然起動しなくなったときの絶望感は異常

読んだところ参考になった文章は、OSとデーター、別々にする!
なるほど、これで再インストールも怖くない!
後はともかくUSBだな。

すでに4本持ってたんだけど、みんな容量少なかったんで、妻に8Gのを買ってきてもらった。
値段を聞いたら2500円だったって言われたんで、なんと安いと思ったら今、4Gで800円台なのね。

世の中の進歩って恐ろしいわ。

ps
結局、この喪失感は、自分の脳の一部は、すでに電脳の中にあるってことなんだろうな。
PCはすでに自分のアイデンティティの一部。
これまた恐ろしい世の中ってことだ。
スポンサーサイト

Theme : トラブル
Genre : コンピュータ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。