スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ガールズコレクション@また一つ生まれた日本のソフトパワー

2009-04-03 | 22:42

最近でこそ、格差社会の論議が盛んですが、本来、日本は階級レスの社会でした。
その象徴として、普通のOLさんがルイ・ヴィトンを持つ。
普通の男性がフェラーリに乗る。
欧米から見たらオカシイという論議もありますが、別に誰に迷惑をかけるでなし。
ここは欧米じゃなく日本なんで、独自の風潮があって当たり前。
自分のお金で素敵だと思うものを買うのですから、素直に考えればそれは非常に前向きな良いことのはずなのです。

そんな日本がまた新たに世界に問うのが、この「東京ガールズコレクション」でしょう。
パリやミラノなどで開催されるコレクションに行きたいと思っても、行けるのは本当のセレブとマスコミ関係者のみ。
一般人がランウェイを拝むことは出来ないわけですが、この東京のガールズコレクションは、場所も体育館。
3000円でチケットを買えば誰でも見られる。
テーマはリアルクローズの発信ですから、実際に着られる服ばっかりで、その場で携帯から注文可という便利さ。

いや、文化と利便性は背反するもので、というのも真実ですが、マーク・ジェイコブスやジョン・ガリアーノの作品はクルマで言えばF1.
先鋭化して美を競う戦闘マシーン。
確かに素晴らしいけど、普通の技量で乗りこなせるクルマじゃないし、一般道は走れない。(普通のスタイルじゃ着こなせないし、普通の生活じゃ着られない)
だいたい乗り込むことすら自分だけじゃ出来ないクルマ(1枚)かもしれない。

その点コッチは明日から公道を走れるイケテル1台(1枚)だ。
ドッチがイイという比較ではなくて、(今、マーク・ジェイコブスのサイト行ったんだけどやっぱりカッコイイね。着られないけどさあ・・・)コレクションを一般に開放する、という発想は、素晴らしく豊かで可能性を広げていると思う。

このカタチから発信される文化に、世界はまた驚くよ。これが日本の独創性。

数年以内に他の何処かでも始まると思います。
その時、真似をしても猿真似とは言わないよ。
自国民を猿真似民族呼ばわりする人間にはなりたくないものだよね、お互いに。
いや、日本にはそういう自称立派な人がイッパイいたからさ。

ps
NHKの番組見ているんだけど、紹介されている一般人の男の子のファッション、スゴイわ。
正直世界1だと思う。

メンズもイイね。
これまた着られないけどさあ(笑
スポンサーサイト

Theme : ファッション情報
Genre : ファッション・ブランド

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。