スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【確かに】桜井“マッハ”速人【喧嘩、強っ】! vs青木真也

2009-04-06 | 21:03

世界の強豪相手に快進撃を繰り広げる青木真也が、1階級上の桜井に挑戦する1戦。
正直、展開の読めない試合でした。
打撃の打ちあいなら桜井でしょうが、青木はアルバレスやカルバンに勝って名を挙げた。ストライカーをあしらって墓場に持って行ったから今があるわけです。

一方、桜井は柴田との戦いで格の違いを見せましたが、最近の印象では青木の勢いを買いたい。ヒョードル様も青木のことは評価しているしね。

そんな思いで見始めましたが、試合前に二人が向き合うと青木の方が背が高い。
これなら青木、階級と世代交代を加速させるのかな、と思えばこそ、桜井、いきなりなぎ倒すような右フック一閃。
殺気十分のスイングでしたが、青木は俊速のダックで掻い潜るとタックルしてテイクダウン。

青木、素晴らしいキレで、これは青木の一方的展開かと思ったら、驚きの結末が待っていた。
倒されたはずの桜井は、左側から強引に起き上がると右手で青木の頭部を押さえつけ右膝を4連
打。
それが全部ストライクで青木の顔面に入る。
呵責のない攻撃で抵抗が弱まったと見るや、残酷なほどのパウンドを連発。
実に27秒のKO劇でした。

桜井、強い。
試合前の映像で、「青木は喧嘩が弱そうだ」なんて言っているのを聞いた時は、格闘技と喧嘩、違いますから、ちょっとズレてんじゃないの、と思ったんですが、KOに持っていった膝とパウンドの連打は、確かにスポーツという範疇をどこかで踏み越えているような迫力。

参りました、桜井さん。
確かに喧嘩強いわ。
記事書きながら、CCさくらの映像をユーチューブで見ているオタクには、想像出来ないほどの苛烈さ。
総格の怖さ、久々に見た感じ。
こういう相手とは喧嘩、間違ってもやりたくないものです、なんて感慨を抱かせる圧勝、というか少し青木は心を折られたと思うんだが・・・桜井さんに今後はもう少し骨のある相手をプリーズ!
スポンサーサイト

Theme : 格闘技
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。