スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の歴史 ウンベルト・エーコ@優美から不安の美へ、マニエリズムとバロック

2009-04-12 | 23:41

美とは均整と適切さから生まれ、諸部分の調和から生まれる優雅さにほかならない、という大原則は、ルネッサンス期に高度な完成を見たが、不安に美を見つける遠心力の萌芽もあった。
数学を中心とした科学の進歩は、予想以上に不安定な調和の発見にいたる。
理想都市、新しいアテネのイメージは、イタリア各都市の政治的経済的なほころびにより内側から蝕まれて行く。

マニエリスムの芸術家は、古典的な美の規範を無効にして空想の世界へと乗り出す。新プラトン主義による入念は計算よりS字状の流れるような形。

美から計測と秩序と比例という基準を奪い、主観的で不透明な判断を基準にしていく。典型がアルチンボルト。
その絵は古典主義のあらゆる体裁を剥ぎ取られ、驚愕と機知により表現されている。それは洗練され、教養があり、コスモポリタンである。
マニエリスムは、バロックのより庶民的で感情的なダイナミズムも拒否したが、その結果、ルネッサンスを凌駕し深化させたものになった。

心配、不安の源流には、コペルニクス革命がある。
宇宙の中心を失った人間には「ナルシスティックな傷」が生じ、ユートピア-静謐かつ調和の取れた世界に黄昏が訪れる。
すでに人間は宇宙の作り手でもなければ主人でもない。
知の進歩はそれを明らかにし、ケプラーは世界がより複雑な法則を要求していることを知らしめる。

その象徴が幾何学と憂鬱な人間が一つに組み合わされている「メランコリアⅠ@デューラー」である。(探求した結果、単純な世界観が無いことを知って憂鬱になった人間)

マニエリスムからバロックへの移行は、仰天させるもの、驚愕させるもの、一見不均衡なものへの探求である。

バロックは奇想:魂を驚愕させ、その魂に深く入り込む鋭さ
明察:覚醒した抜け目ない、創造的な魂
才知:凡人に見抜けない結びつきを見分ける能力
が必要とされる。(要はゴッチャゴチャに見える中での洞察力ですね)

バロックは、「善悪の彼岸の美」、醜を通しての美、偽を通しての真、死を通しての生といえる。
死のテーマはバロックに強迫観念的に存在し、結果、それは劇的緊張をはらむ美となる。

シェイクスピア「ロミオとジュリエット」
ジュリエット、花の顔に隠れた毒蛇の心。
麗しの暴君。
天使のような悪魔。
鳩の羽を付けた烏。
狼のように残忍な子羊。
地獄の聖者、造花の自然よ。
スポンサーサイト

Theme : アート
Genre : 学問・文化・芸術

Comment

Re: タイトルなし

>愛聴していたリコーダー・ソロのCDの中に、デューラーのメランコリアから
おお、流石ですね!

>メランコリア≒現代美術的なイメージがあったんです
結局、知は楽園追放のきっかけだったんですから、この憂鬱、ずっと続いているんですよね。

>なんか、判った気になっちゃいそうです
光栄です。
素人学問なんて、分かった気になった方が勝ちですよ(笑

  • 2009-04-17 | 23:50 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
なるほど

昔愛聴していたリコーダー・ソロのCDの中に、デューラーのメランコリアからインスピレーションを得て作曲したという、そりゃもうバリバリの現代曲(^^ゞが収録されていまして。 だから、メランコリア≒現代美術的なイメージがあったんですね。 で、

>その象徴が幾何学と憂鬱な人間が一つに組み合わされている
>(探求した結果、単純な世界観が無いことを知って憂鬱になった人間)

なんか、判った気になっちゃいそうです。(°O゜)☆\(^^;) バキ!

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。