スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私をスキーに連れてって  @この映画は日本の見た夢だったのかな?

2009-05-02 | 21:20

87年の映画なんですね。
当時の日本も沢山の問題を抱え、みんなそれぞれ大変な事、多々ありだったと思うのですが、今観ると夢のように楽し気な若者たちの生活が描かれています。
会社が終わったらタイヤを替えてスキー場に一直線。
仲間はロッジを借りてパーティをしていて、ゲレンデでは純な出会いがある。
相手の女の子もプリンスで部屋借りて、何気にシャンパンが置いてある。

派遣村とか、公務員最高とか、自殺者三万人とかという話は全くない(また電車止まってるよ)

私はこの出演者とほぼ同世代だったんですが、憧れを持って見ていました。
布施博にそっくりのノリの軽い友達がいて、女、食いまくりだったなあ、なんてことを思い出します。(そうでなくてもスキーやってる男はモテタよね)
当時私が何をしていたかというと、2ストのバイクで狂ったように飛ばしては部屋に篭って読書・・・驚くことにこの辺は変わってない(笑
いなくなったのは布施博的なキャラの人?
ヒロクン、自殺しちゃったけど、運命なんとなくその後の日本を象徴してますか?
布施博も訴えられたしね。

これから日本はバブルの坂を一気に登り詰めて転げ落ち、以来20年近い停滞の時期
になるわけです・・・
この映画からは、熱狂前の、もう何でもありという浮かれた雰囲気が伝わってきます。

今や若者はスキーどころか(今やスキー場はオージーと中華の国の人のモノ?)クルマにも興味を無くし(雪山を飛ぶセリカと運転する原田貴和子がカッコイイ)、掲示板で男女は「残飯、中古」「萌えオタ、キモイ、年収低い」とか罵り合う・・・(←大分偏見入ってます?)


原田知世の笑顔はひたすらに可愛い(長女によると、これは萌え系でロリ系でだね、だそうです)
無垢で純情そのもので、ほとんどこれは日本のヘップバーン。となるとこのお伽噺みたいな流れは日本版「ローマの休日」か。

この頃は綾波レイもいなかった・・・というか日本は二次元萌え、綾波レイを必要としていなかった。
目の前の相手に恋が出来たのかもしれない。
バイク屋さんも呉服屋さんも会社員(正社員当然、というかそれ以外いない?)もお医者さんもみんなピカピカでお気楽、極楽って感じ。
楽しい映画だけど、昨今の世情から比べると隔世の感いなめず、寂しさも感じます。
でもいい夢だから観てない人は観て見ましょう。
スポンサーサイト

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

Comment

Re: 未見ですけれど

> ありましたねえ。 名のみ聞き知ってましたけれど、でも見てません。(^^ゞ スキーはやってなかったので。(笑) 
私は1度行って懲りました。
板の手入れとか、雪山への行き来とか、不精な私には面倒過ぎました。

> 原田知世とか、出ていた80年代にヒットしたバブリーな映画。
はい、まさにバブリー路線だったホイチョイプロ。
日本のバブルが続いていれば大きくなれたんでしょうけどね。
 
> 今見れば、仰る通り、元々のテーマとはまた別の感懐が湧いて来そうですね。(^^ゞ
感慨出まくりですよ。
あの時代、やっぱり良かったですよねえ。

  • 2009-05-05 | 19:21 |
  • 晴薫 URL :
  • edit
未見ですけれど

ありましたねえ。 名のみ聞き知ってましたけれど、でも見てません。(^^ゞ スキーはやってなかったので。(笑) 
原田知世とか、出ていた80年代にヒットしたバブリーな映画。 
今見れば、仰る通り、元々のテーマとはまた別の感懐が湧いて来そうですね。(^^ゞ

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。