スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタカーで乗ったS180型クラウン、インプレッション&日本で乗る高級車の限界について

2009-05-07 | 20:42

京都駅からホテルかみきたまでと、ホテルから大台ケ原まで乗ったクラウンのレンタカーについてインプレッションを書きます。
1)燃費に感動
大人3人が往復320キロ乗ってリッター8キロでした。
昨今クルマの雑誌とか買わなくなっているで、良く分らないのですが、私は感心しました。長距離は燃費が伸びるものですし、酷い渋滞にも嵌まらなかったのですが、北上村の近辺は本当に山また山で登り下りが多かったので随分良いなあ、と感じました。ハイブリットでなくてもこの高燃費は◎だと思いました。

2)V6エンジンの不等間隔爆発(←合ってる?)
家族に限らず人が乗っている時は飛ばさないのですが、それでも何度かフル加速を試みると意外や控えめながら明確にビートが伝わってきます。
スムーズ感もかつての直列6気筒ほどではない感じ。
でもV6の方が横置きとか出来て汎用性が高いんでしょ。
高級車なら確かに直列が良いのかもしれません。BMはまだ直6だよね?
3)飛ばす気の起きないハンドリング
山道でのハンドリングのフィールは曖昧で、攻める!という気にはさせません。ファントゥドライブという感じはしませんでした。

4)広大ではない室内
FRというレイアウトのせいかEU型シビックなどで体験した広々感は希薄です。
昔のクルマ、って感じですね。まあ充分は広さではありますけど。

5)狭い全幅はさすがに「日本の高級車」
北上村の道路は本当に狭い場所があり、そんな処でのすれ違い時は本当に助かりました。
ここレクサスのLSとかSのベンツ、BMの7じゃ大変だと思う。
思い出してみるに、ロータスやユーノス、ポルシェ、バイクのツーリング軍団、は沢山走ってましたが、BMは3まで。レスサスはISまでだったかな?
ISはホテルで2台位見ました。
ベンツのSやLSは見なかったですね。


結論
まあクラウンと言ってもマジェスタやアスリートじゃなく、ロイヤル・エクストラというヤツの2年落ちの旧型で4.9万キロ乗られたレンタカーですから、これでクラウン分った積もりになられても困る、と言われればそれまでですけど。

それでも日本で乗る高級セダン選びは難しいですね。
フェラーリは横幅デカイから不便だよ、というのはしょうがない。
気晴らしに乗るクルマで、狭い道なんか走るな、ってことだから。
でもお金があるから高級セダン買うよ、でSのベンツ買ってもいざそれを使いきろうと長距離ドライブで大台ケ原に行ったら、そのサイズ、持て余すと思います。
高級セダンは贅沢なフィーリングの上に立った実用性が肝心で、そのクルマで行くと持て余して不便、というのでは本末転倒。
この辺が狭い日本で乗る高級セダンのジレンマだよね、というのが結論です。
スポンサーサイト

Theme : 車選び
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。