スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【よりにもよって】聖エメリアーエンコ・ヒョードル様の次のお相手はジョシュ【なんでまた】

2009-06-02 | 21:18

木鶏という禅語がある。
ここでの鶏は闘鶏、の鶏なんだけど、戦う時、相手を侮らない、虚勢も張らない、威嚇もしない。気負いもなく、興奮もなく恐れもない。
それこそ木彫りの鶏のように平然と無為自然なるままに、戦いにおもむく。

エメリアーエンコ・ヒョードルに惹かれるのは、ただ強いだけでなく、そんな雰囲気を感じるから。

それにしてもなんで相手がジョシュ・バーネットなんだろう?
はっきり言って一番戦って欲しくない相手。
ジョシュはかなり本格派のアニメオタで世界最強のオタクと呼ばれている。
入場曲は北斗の拳で、フィギュアから声優ネタまで詳しいらしい。
個人的にはこういう相手に勝って欲しくないわけだ。
ジョシュもかつてはUFCのチャンピオン。
充分以上に強いファイターだけど、ヒョードルが相手だと何分持つかがポイント。
今の予想だと1分以内。
ジョシュは真っ向から行くと思うし。
3分持ったら驚き。
ちなにみに俺はヒョードルの試合を予想してハズレタことがない。いつも勝つ、しかも短時間で、って予想しているだけなんだけどね。

逆に当ったことがないのがパッキャオ。
この相手にはさすがに負けるのでは、というのに勝つからね。(これもある意味スゴイけど)

あんまり酷い試合にならなければ良いけど。

それにしてもなんでUFCに行かないんだろう?
よっぽど大人の事情でもあるんだろうな。
肘ありのルールはヒョードルには関係ないと思うのだ。

肘って腕を畳んで打つもんね。
サンドバッグ相手に打ってみると、あまりの射程の短さにいつも驚く。
グランドででもスタンドでも、ヒョードルに肘が当るほど近づいて無事な人間って想像出来ないし。
まあ8月1日を待ちましょう。

ps
ルールはすでに肘ありでした。
スミマセン
スポンサーサイト

Theme : 格闘技
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。