スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーフィールド/HAKAISHA 怪獣映画は死なず。見せ方次第でどうにでも

2009-06-09 | 21:21

NYに怪獣が現れて米軍と戦闘開始。
巻き込まれて逃げる人々、というありがちにしてもいい加減にせんかい、というままの映画ですが、登場人物のハンディカメラの記録形態という独創性を押し通し、ともかく見せます。

序盤はダラダラして、卑しくもお金を採っているんだから手抜きの仕事は嫌い、って思っていればこそ。
地響きと爆音、停電から恐怖の一夜の始まり始まり。
こうこなくっちゃね。
映画はやっぱり怖くってナンボ、と思わせるドラマの開始です。

登場人物たちが表に出ると、外は911テロの時もかくや、という状況で恐怖はいやがおうにも盛り上がります。
恐怖の正体を出来うる限り隠すというホラー映画の定石もキチンと守られ、一端現れた後も、デザインは充分おぞましく、合格点だと思います。
レギオンから頂いたようなミニ・バージョンを用意したのも工夫です。
世界最強を自認しているであろうUSエアフォースが攻撃しても攻撃しても死なないとこは、リメイク版「GODZILALA」の失敗を良く生かしていたと思います。
あの弱さじゃGODの名前が泣いたもんね。
今回は本物の悪夢でした。
映像が終始はっきりしないので何回も見返したくなるとこもミソ。
ハンディカメラの撮影という前提を守りながらも、カット割りや編集は手練の技でレベル高いです。
リアリティ溢れる俳優陣もみんな巧かった。
この辺はハリウッド・クオリティだよね。
それでも昨今ハリウッド限界説がかまびすしいですが、今回はアイデアを練りこみ成功作となりました。

ps
NYが舞台でトラビスとベスと言えばタクシー・ドライバーでしょうか?
ジェイソンもNY,行ったしね。

手ぶれしまくりのホラーパニックということでは当然「ブレア・ウイッチ・・」の遺産も良く生かしていました。
スポンサーサイト

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

Comment

Re: タイトルなし

> 公開前に一切の情報を遮断し、話題性と飢餓感を煽るあたりは、さすが「LOST」の仕掛人、J・J・エイブラムス。アイデアマンです。
あのポスターだけ見せたんですね。
私は新作には疎いんです・・・休日ヒッキーなんで。
でも人が一番食いつくのは「謎」なのは確かですよね。

> 無名の役者を使い、視点をPOVにする事で臨場感が得られ、さらに製作費も抑えられるこの手法は、まさに「ブレア・ウイッチ」ですね。
公園でのラストの言い残しなんて、そのままでしたよね。

> ただその弊害で、序盤のダラダラした展開はキツイです。「ありふれた日常に突然降りかかる恐怖」というのはホラーの定石とはいえ、あれだけカメラが揺れると「恐怖」にたどり着く前にギブアップとなる人も大勢いたかもしれません。
寸前でした(笑
この部分はもうチョイでしたよね。

> 賛否両論あるこの作品ですが、私的には発想が面白くて結構好きなんですけどね。
私も、造りというか、構成が良く練れていたと思います。

> 「GODZILALA」と比較して、コストパフォーマンス(製作費「GODZILALA」180億 「クローバーフィールド」27億)も全然違いますし(笑)
GODZILALAってそんなに掛けてたんですか!・・・それでアレ・・・馬鹿過ぎる(笑

  • 2009-06-11 | 20:41 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit

公開前に一切の情報を遮断し、話題性と飢餓感を煽るあたりは、さすが「LOST」の仕掛人、J・J・エイブラムス。アイデアマンです。
無名の役者を使い、視点をPOVにする事で臨場感が得られ、さらに製作費も抑えられるこの手法は、まさに「ブレア・ウイッチ」ですね。
ただその弊害で、序盤のダラダラした展開はキツイです。「ありふれた日常に突然降りかかる恐怖」というのはホラーの定石とはいえ、あれだけカメラが揺れると「恐怖」にたどり着く前にギブアップとなる人も大勢いたかもしれません。

賛否両論あるこの作品ですが、私的には発想が面白くて結構好きなんですけどね。
「GODZILALA」と比較して、コストパフォーマンス(製作費「GODZILALA」180億 「クローバーフィールド」27億)も全然違いますし(笑)

  • 2009-06-11 | 14:51 |
  • SATOYAMA URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。