スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【顔が怖いのは】ダニエウ・アウベス、決勝に導く【伊達じゃなかった】

2009-06-26 | 21:05

スペインに世界ランク1位を奪われていたブラジル。
王国を自認する国がそれじゃいかんだろうと思っていたんですが、イタリア戦では悪くないと思った。
でも今日の試合は退屈でした。
地元開催でテンションを上げる南アフリカの勢いに押されてゲームが出来ない。
正面からぶつかり合ってほぼ互角ってのは拙いんじゃないでしょうか?

カカだけは攻撃に守備にと次元の違う存在感でしたが、ここぞという時に突破出来ないルイス・ファビアーノが物足りない。
ブラジルのFWはロナウドの影が大きくて大変だよね。
ペナルティ・エリア前で失敗するたびにロナウドだったらなって思うものね。
日本でたとえると王、長嶋引退後の巨人の4番って感じ?

ゲームは互いに拮抗して決めさせず0-0の展開。
前半からリードされたスペインよりはマシだけど、時計が進むにつれブラジルに嫌なフラグが立ち始める。
このまま同点終了で、延長も00だったりして。
PK勝負になったら、もしやもあるかも?
そこで登場のダニエウ・アウベスでしたが、スペースを与えられずパスも繋がらずスピードは生かせず。
それでも幕切れはこの人のFKでした。
蹴る前の顔は怖かった。
なんだか暗黒大陸の野生とか、アマゾンの奥地の恐怖の伝説とかそんな感じ。

南アフリカの希望を断ち切る見事なFKでした。
決勝はスタメンでお願いします@ドゥンガ監督
この人を右サイドで走らせ、この世には近代文明の知らぬ恐怖があるのだ、ってことをアメリカに見せたって欲しいです。
スポンサーサイト

Theme : サッカー
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。