スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦艦大和  吉田満@日本を引っ張る全ての人に

2009-07-15 | 16:00

片道だけの燃料を積み、沖縄の海に特攻出撃した戦艦大和の乗務員だった吉田満さんの体験手記で、戦記文学の傑作とされる1冊です。

文語体の文章は格調が高く、読んでいるうちに目の当たりに浮かんでくる壮大な滅亡の詩はまさに「昭和の平家物語」ですね。

死を目前に控えた極限状態において、人は何を考え思うのか?
短い本文ですが、そのすべてのエピソードに心が揺さぶられます。
血肉を四辺に飛び散らせる状況下で、合理性に満ちた米軍の攻撃に感銘を受ける心情など、冷静な感慨は意外でしたが、人間案外こんなものなのかもしれません。
この辺の説得力も実体験だからこそでしょう。

吉田満の「戦艦大和」は、本になっているのが角川文庫版と講談社文芸文庫の2種類ありますが、カタカナ混じりの講談社版が原文であり、より直裁な情緒に勝るものの、ひらがなで読める角川版の方が読みやすいとは思います。
最初に角川版で読み、再読するときは講談社版でも良いかもしれません。
なんで二冊も買うんだというと、本編は「戦艦大和ノ最後」として一緒なのですが、解説者や跋文が異
なっており(両方とも凄いメンバー)両方読む価値があるのです。
さらに角川版には吉田さんがその後に書き残した散文が収録されていますが、これも読んでおくモノです。

文学「戦艦大和の最後」は一読、圧倒されてしまうのですね。
戦争ってのは凄いことだ、と、その後はなんだか言葉が出なくなる。
その気持ちが後のエッセイを読むことで整理されます。

曰く
徴兵拒否とか非協力など言うだけなら言えても実際に出来ることではない。
戦争からの逃避は必ずしも平和への熱意と密接に結びついている保障はない。
正面から立ち向かうこともよしとしないような根性から、平和推進という難事は遂行できまい。
では徹底した反戦はどこから来るのか?
それは戦争憎悪を基本にすることから始まるが、まず政治への無関心を排除し、人間性の尊重、真実のあくなき追究、相互信頼と協力、進歩への意欲を我々自身の血肉とすることから開かれるのである。
・・・しかり、としか言えません。

素晴らしい1冊です。
特に日本の将来を担う全ての人たちに読んでもらいたいですね。
スポンサーサイト

Theme : **本の紹介**
Genre : 本・雑誌

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。