スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トミーノッカーズ上@S・キング ついにモダンホラーはキングを超える作家を出さずに終わるのか

2009-07-26 | 07:53

最近寂しいのがホラー小説界の衰退ぶりです。
力のある新人、誰かいます?俺が知らないだけならイイんだけど・・・
夏なんでホラー、読みたいんですが、ロバート・エイクマンとか買ってしまった。

この本も随分前のモノですが、未読だったので読んでみました。
こうして過去の遺産を食い潰すしかないのは寂しいね・・・

小説の内容は空飛ぶ円盤を見つけて云々という話です。
アホ臭いでしょ。
読む気になります?
今どき「空飛ぶ円盤」ですよ。
エイリアンの宇宙船ならもう30年も前にギーガーにデザインさせたモノすらあるのに「空飛ぶ円盤」・・・その後の展開もそれ自体はよくあるパターンです。

まあキング自身この作品の中で書いてますが、今時、「空飛ぶ円盤」を小説の題材にします、と本気で言うのなら、作家に向いているとは思えません。
少しでも恥の気持ちがある編集者なら、文字通りの空飛ぶ円盤が出てくる作品は、命を張っても出版させないでしょう・・・一生言われそうだもんね。アイツは馬鹿だって。

でも読み出せばそこは圧倒的なキングワールドなんですね。
空飛ぶ円盤、馬鹿にするのは結構ですが、これ以上怖い、オモシロイ作品あるなら出してクダサイって言われるとそうはない。
目一杯アホ臭い材料を最高級の一品に仕立て上げ、上巻だけでハードカバー370pを一気に読ませるんだからこの人の筆力はどうなっているんでしょうか?
考えるとコッチの方が異常で怖いよ。

アホらしさも極まれりというかここに書く気も起きないようなガジェットも馬鹿馬鹿しいなあと思えばこそ、ふっと奈落に落とされるような恐怖が来る。
男の子の作ったマジックの装置は、永劫とか無限という繋がりからキング自身の短編「ジュウント」を思わせました。
サンタクロースが出てきた、心温まるシーンと読んでいるとゾッとさせられる。

まだ上巻ですが、山場では思いもかけない大きな恐怖が用意されている。
結局、キングの凄さっていうのは如何様にも読者を引き回せる比類なき筆力だね。

「弘法、筆を選ばず」ならぬ、「S・キング、恐怖の材料選ばず」でしょうか。
「どんなに陳腐ことでもイイからお題を言ってごらん。怖がらせてあげるよ」って感じ。
大した作家の傑作です。
ノーベル文学賞上げてもイイよ。(本気で言ってます。現代社会、現代人の恐怖をこれだけ優れた表現力で結実させたんだから、名前を残してしかるべき)
続けて下巻を読みます。

ps
キャラクターの気持ちの書き方とか、比喩の使い方とか村上春樹に似ている、というか村上春樹がキングに似ている感じがしたんですがどうでしょう?
春樹はキングファンだったよね。
二人ともアメリカ文学が根底にあるってことで少し似てるでしょうか?
スポンサーサイト

Theme : 海外小説・翻訳本
Genre : 小説・文学

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DS文学全集

DS文学全集の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「DS文学全集」へ!

Comment

Re: タイトルなし

こんにちは。
> こんにちはー・・村上春樹も絶賛する、宮部みゆきさんのホラーはどうでしょう?っていってもファンタジーですが・・ちょっと変わったドキドキ感がいいなーって思ってます、
宮部みゆきさんは非常に巧い小説家だと思います。
どんな作品もクオリティが保たれているので、本を手にするのにも安心ですよね。
夏だしホラーもイイんじゃないでしょうか。

>でも・・この小説読んでみたい!
この小説もオモシロイですよ。

  • 2009-08-02 | 15:32 |
  • 晴薫 URL :
  • edit

こんにちはー・・村上春樹も絶賛する、宮部みゆきさんのホラーはどうでしょう?っていってもファンタジーですが・・ちょっと変わったドキドキ感がいいなーって思ってます、でも・・この小説読んでみたい!

  • 2009-08-02 | 15:22 |
  • akoko URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。