スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心掛けている投機に関する覚え書き@いつか安室奈美恵のように

2009-07-31 | 20:44

すっかり萌えネタが増えたブログですが、逆に消えてしまったのが投資投機関係の記事です。昔書いていたのはノート代わりの心積もりだったんですが、使ってみるとやっぱりノートの方が良かったんでブログには書かなくなりました。
でも久しぶりに最近心掛けていることを書いてみます

1)「3勝7敗で勝て」ってのはやっぱり少し無理なんじゃ・・・?
相場は3勝7敗で勝て、という言葉、中級以上の投機の本にプロの極意として見かける言葉ですが、この言葉が言いたいのは利食い腰は強く、ストップは速くという、とこだと思います。
でも投機の要は上下を当てるゲームなんですからコインを投げても5割を行く道理で、キチンと相場と向き合えば7割は勝てると思います。
その上でストップは速く、利食いは粘ればイイんです。
この程度は出来ると思いますが、それならオマエは大金持ちかって言われると、建て玉がいつも小さいですから難しい。
でも小さく建てるから損もサッと切れるし、利食いは粘れるんだよね。
達人は大きく建てて行動ファイナンスの罠を逃れることが出来る人なんでしょう。


2)経済ニュースはアホらしくても見よう
ある程度相場を張っているとテレビ、新聞の経済解説がアホらしく感じるようになると思いますが、暇
があったら聴いておきましょう。
案外次へのヒントはあるものです。
少なくてもマーケットのコンセンサスはこうだ、と解かります。
で、次はどうなる?
考えるのは変わるのか続くのか、変わるならどう変わるのか、です。

3)OCOで管理出来ない玉は建てない
玉なし最強って状況は確かにあるんです。
トレンドを掴まえて大きく儲けたと思った後、儲けを吐き出すのは玉に固執するからでしょう。
玉は儲けの種になるかもしれないけど、損の種かもしれない変動の要因です。
入る前からストップ決めるのはなんだか損を前提でやるようでやり難いものですが、戦争の極意は、戦い始める前に着地点を考えておくべし、です。


4)逆指値で自在に入れるのはプロの入り口
逆指しの取引に迷いがなくなったらそれなりに高いレベルだと思ってイイと思います。逆指しでも当れば誰でも利食い来ると思いますが、下手打って往復でやられたりすると逆指しは痛いし迷いが出るよね。
ストップも出来る。指値も指せる。一番難しいのは逆指しです。個人的には。


5)チャートもファンダも両方見る。投機はひたすら地道な稼業
一部の天才的な方を除いて投機はひたすら地道な稼業だと思います。
チャートかファンダメンタルかなんて議論は結局楽して儲けたいというサボリの言い訳ではないでしょうか。
凡人はひらすら両方を考えるべしです。
ファンダメンタルがチャートを作っているな、と思う場面あり、チャートがファンダメンタルの変化を示唆する場面だなって感じる時ありです。
結果どうするかはその時の自分の才覚しだいですね。
とことん投機は自己責任です。
だから責任取れる範囲でやろうと心掛けています。

まあこんなとこです。
以上のことは非常に個人的な覚え書きなので、参考にされて損しても責任負えませんので悪しからず。

ps
今、安室奈美恵のライブDVD(PLAY)観ているんだけど、うっとりです。
早く安室ちゃん並みに相場の海を踊りたいです(笑
スポンサーサイト

Theme : 理解を深めながら資金を増やそう
Genre : 株式・投資・マネー

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。