スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譜めくりの女  @主人公メラニーは、フランス流解釈の綾波系キャラ

2009-09-10 | 21:24

ピアニストへの夢を立たれた少女の復讐劇です。
話の造り自体はそれほどのモノではありませんが、能を始めとする日本文化に触発されたという監督のドゥニ・デルクールの演出とカメラは、音楽までが可能な限り排されて抑制されたなかでも復讐劇の緊張感に溢れ雰囲気タップリです。

相手の信頼を得ながら静かに計画を進めるデボラ・フランソワの謎めいた美しさは一見の価値ありでした。
D・フランソワ自身は、撮影当時、20歳前後だったはずですから美少女の範囲は少し超えた、でも大人の女というにはまだ未成熟な魅力が、ミステリアスな沈黙の中に巧みに醸し出されています。

途中、暗いベットルームからのシーンではアニメ雑誌をめくっているなどメラニーの造詣は、フランス人、ドゥニ・クレール流解釈の綾波レイだと思うのだけれど如何?

ps
観ているうちに、なんだか今は懐かしいカトリーヌ・アルレー(みんな知ってるかなあ)を思い出してしまった。
アルレー、好きだったなあ・・・イイ作家でした。
アマゾンにはまだ「わらの女」と「死の匂い」が売っているから興味が沸いた方はどうぞ。
フランス文化と日本文化って不思議な相性がありますよね。
スポンサーサイト

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

Comment

Re: No title

> 譜めくりストが主人公のドラマでしょうか?
そうです。
ほとんどセリフをしゃべらない無口な若い女性ですね。

> 華やかなソリストの陰に控える、クールビューティな復習者とか・・・なんか興味をソソられますね。
途中で見ている雑誌の表紙、アスカに見えたんだけど・・・なんて楽しみもあります。

> 今度捜してみます。
地味な映画ですが、オモシロかったですよ。

  • 2009-09-15 | 23:58 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
No title

譜めくりストが主人公のドラマでしょうか?
華やかなソリストの陰に控える、クールビューティな復習者とか・・・なんか興味をソソられますね。(笑)
今度捜してみます。

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。