スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタLFA発表!@その心意気は良し、でも改めて感じるフェラーリは高くないのか?

2009-10-21 | 21:51

普段は法外な値段に感じるフェラーリ。
いい加減に儲けすぎてんじゃねえよ、と思うのですが、トヨタから発表されたLFAを見るとそうでもないのか?

今回発表になったLFA、フロント・エンジンのスーパーカーという事で、フェラーリなら599がライバルだと思うのですが、599は6000cc、12気筒で値段が3560万円。
LFAは10気筒4800ccで3750万円。

フェラーリの方が気筒数、排気量が上でも安い、とは言いません。
おそらくこのLFAでの一番の売りは車体骨格がカーボン製であることで、アルミ押し出しシャシーを誇るフェラーリよりさらに200キロ軽い。

クルマで一番お金が掛かるのが車体の軽量化ですからね。
それに比べればエンジンの気筒数、排気量なんて微々たるもの、とは言わないけど、カーボンシャシーは凄いだろう、高いだろう、と思う。

でもスタイルがコレだ。
Lfa1
正直、マラネロが悪過ぎた(私には)ので599が発表になった時は随分良くなったと思ったんですが、その後、実車を見て見慣れてきたらやっぱりそうでもない。

でもLFAと比べたら(まだ写真だけど)599が断然イイよね(俺にはね)
インテリアも未来的な路線を狙ったんだろうけど、どうなんだろう?
599のインテリアは、クラシック&ゴージャスなイタリアン美学デザインでイイんだよね。
本当の高級品って感じがした。
走り出したらやっぱりこの車は「路上の帝王」なんだろうな、って感触があった。
そうするとLFAはやっぱり苦しいんじゃないだろうか?
こうして幾多のスーパーカーメーカーがフェラーリの壁の前で膝を屈したんだよな。
トヨタには頑張ってもらいたいと思うのだけれど、大変なんじゃないだろうか?

まあ今回の発表は、すっかり海外メーカーからそっぽを向かれた東京モーターショーの目玉造りの意味もあるんじゃないだろか?
FT86も出したでしょう。
トヨタは日本の製造業の盟主として、地元の祭りは絶対に盛り上げるって気概だと思う。
でも何故、未だにミッションが3ペダルMTなのか?
スポーツドライブはMT当然と思っていたんだけど、2ペダルMTに乗ってしまうともう時代は2ペダルだと思うのだけれど・・・

少しその辺が気掛かりです。
スポンサーサイト

Theme : スーパーカー
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。