スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はなぜ敗れるのか-敗因21カ条  山本七平@今、敗れそうな日本でこそ読みたい山本の洞察

2009-12-13 | 18:19

第二次大戦での敗因を山本七平が「虜人日記@小松真一著」を底本に読み解いていく1冊です。

何よりの衝撃はバシー海峡への記述ですね。
これは教科書に載せるべき話でしょう。
どんな話かと言うと、制海権のない海に員数合わせとして兵士をどんどん送り出し、撃沈されまくり。
結果、世界史上最大能率の大量溺殺機関を造り上げたという話です。

工夫をしない。
現実を見ない。
対策をしない。
ただ自分達で決めた決まり事のみを金科玉条として行い、惨禍を拡大させた日本軍首脳部!
・・・どっかに似た組織があるな、と思ったらなんのことはない、今の日本の官僚機構そのものです。
そうだ。当時の日本軍部って軍服着てるから軍人、兵士に見えるけど、一番の天辺で無茶な作戦を立て続けたのは当時の最難関、最高学府を出た秀才役人たちなんだよね。(底辺で権力を振りかざして無理難題。横柄かつ残酷になれるのも末端の小役人。それでいてホントに怖い人が出てくると一転、尻を捲って逃げ出す)
大切なのは自分と属する組織のプライドのみ。
悪いのは「できぬ」という「精神」であって、命令を下しているものではない。
精兵がいる、と言えば精兵がいて、現実より、その精兵がいることを信じる気持ちの有無で判断される。
現場を無視した過剰規制で民間の仕事を縛るなんては、今ここにある危機ですよ。
ちっとも変わってません。
また日本の名門家庭には伝統的に「御公家社会主義」「雲上社会主義」の伝統がある、なんてのはタイムリーな話題だと思いますし、自らの責任で客観報道をしないマスコミへの指摘は、大いに肯けます。

日本人としては痛い話も多く、さすがにこれは極論じゃないかなあという部分もあるのですが、この際ですから聞いておきましょう
同じ日本人への欠点指弾でも山本七平の文章には、日本人を愛するが故の懸念が背景となっているのを感じます。

世界が一斉に立ち上がりつつある中で、日本は地位を失い掛けてます。
今こそ読んでおきたい1冊だと思いました。
スポンサーサイト

Theme : それでいいのか日本国民
Genre : 政治・経済

Comment

Re: 愚民化政策では勝てない

> 学校現場から、文科省の愚民化政策を暴露したのが、「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。
面白そうな本ですね。
機会があったら読んでみましょう。

>この知識時代に、子供達に愚民化教育を行い、学校を崩壊させ、20万人の不登校、
ホントに勉強というか個人の力が問われる時代になりましたよね。

>多くの若者を失業者、生活困窮者にしたのは、本来優れた教育で職業獲得を支援すべき文科省です。
それでもまったく反省はないですよね。
役人は絶対に結果責任も説明責任もとらない。
徹底して。

>薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚の罪を越えます。
コッチもかなりのモノだと思いますけどね(笑

> 急がなければ多くの不幸が続きます。
まあそうなんですけど、民主党の支持率高いですからね。
日教組と組んでいるので、私は絶対に支持できませんが。

  • 2009-12-13 | 22:37 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
愚民化政策では勝てない

学校現場から、文科省の愚民化政策を暴露したのが、「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。公僕である文科省官僚は、この知識時代に、子供達に愚民化教育を行い、学校を崩壊させ、20万人の不登校、退学者、60万人の引きこもり、ニートを作りだしました。多くの若者を失業者、生活困窮者にしたのは、本来優れた教育で職業獲得を支援すべき文科省です。これは、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚の罪を越えます。子供達の人生を困難にし、日本社会の未来を潰した許されない悪行です。
愚民化教育をやめさせ子供を救うためにも、二度と不幸を生まないためにも、キャリア官僚制、天下り、公務員特権を廃止して、官僚政治を根絶やしにすべきです。
急がなければ多くの不幸が続きます。

  • 2009-12-13 | 21:02 |
  • 大和 URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。