スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中国の電気自動車vs】日本の課題@マスコミ→役人→産業界、不況トライアングルを突破せよ【都内の屋台村】

2010-01-05 | 20:32

中国ではすでに200万台以上の電気自動車が走っているそうです。
ただこの電気自動車。いわゆる日本で考えられる自動車とはだいぶ違う。
日本の自動車は最低限でも100キロ位までなら軽快に加速。
時速150キロ程度でなら長時間巡航可能(違反ですが、能力はある)
そのまま大人4人に数十キロの荷物を載せても安定的に急停車出来る、というレベルですが、それと比べれば屋根の付いたリアカー程度のようです。
でも屋根付きリアカーでもないより便利。
雨の日、風の日、おじいちゃんが孫の送り迎えなどに使われているとか。

ここで面白いのは、この電気自動車、当局は公道を走る認可を与えてないそうです。
でも黙認(というか自動車でないので税も保険金も払わないですむからむしろ奨励)
便利に使っているものを、共産党の批判をするものでなし(笑)、取り上げない。
その結果どうなる、というと便利なんでドンドン売れるわけですから、周辺産業は盛り上がり、販売店は潤って、経済は回っていく。
ただし何かあったら自己責任。

一方の日本では都心のオフィス街に屋台村が出現し、サラリーの厳しい状況から人気とか。
ただ今年から取り締まりを始める、という話もあります。
みんなが便利に使っているもので、当局としては黙認したい意向もあるようですが、抜き打ち検査をした結果、基準値以上の菌が見つかったとかで看破出来ないとか・・・

日本がアジアで最初に発展を遂げたのは、非常に規律正しい国民性があった、ということはあるでしょう。
でも今、その規律に縛られ身動きが取れない面もあると思います。

それでももし、屋台村で食中毒が起こったら?しかも集団だったりしたら、規制していなかった警察、保健所はテレビ、新聞に大いに叩かれるでしょう。
私は人に対して、愛でなく、底意地悪い権力を振り回す小役人根性、大嫌いですが、もし私が警察、保健所に勤める当事者だったら・・・やっぱり規制を考えるかもしれません。

納税者に公僕として心情的には見逃したいのは山々でも、「責任は」、とテレビカメラに追われ、マイクを突き付けられる日は来てほしくない。
だったら規制するでしょう。
でもその結果、みんなに便利に愛用されていた屋台村はなくなってしまう。

不祥事はあってはならないことですし、責任は追及されてしかるべきですが、さてみなさん、どう思いますか?
日本は今、企業の不祥事→マスコミ大騒ぎ→政治家が慌てて役人を追及→役人、今後は絶対に漏れがないように、と現実には不可能と思える過重な規制をする、結果、経済のダイナミズムは奪われがち、という動きがあるように思います。

規制緩和の掛け声だけはいつも大きいわりに実りが少なく思えるのは、緩和された規制にてんこ盛りの規則がついているからです。
ならなんでてんこ盛りの規制がつくか、というと、何かあったら役人が叩かれるからです。
・・・この辺りに、私は日本の課題があると思うのですが、如何でしょうか?
スポンサーサイト

Theme : 気になるニュース
Genre : ニュース

Comment

Re: そういや

> 以前私が働いていた都心の某所では、お昼ともなると近所の通りに弁当屋の屋台がずらりと並んで壮観でした。
おお!それは素晴らしいですね(笑

> そこにはとうぜん競争原理が働くわけで、その界隈の労働者としては、(周囲にロクな飯屋がないにも関わらず)より廉くて美味しいお弁当にありつけるというワケなのでした。
非常に助かりますよね。
時間も節約できますし。

> でも、そんなところにも時々当局のチェックが入るらしく、屋台が一斉に退散してしまう日がありまして、そんな時のお昼はもう悲惨だったなぁ・・・・ブツブツ。
災難です・・・人災でしょうか?

> ただ、翌日にはちゃっかり戻って来てましたね
何よりです。

> 結局当局も、本気でやってはいなかったんだと想います。(^^ゞ
本気で嫌われますからね(笑

> この辺の緩さが、なんか日本的かなと想うわけです。(笑)
こういう適当さは欲しいですよね!

  • 2010-01-06 | 22:21 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
そういや

以前私が働いていた都心の某所では、お昼ともなると近所の通りに弁当屋の屋台がずらりと並んで壮観でした。
そこにはとうぜん競争原理が働くわけで、その界隈の労働者としては、(周囲にロクな飯屋がないにも関わらず)より廉くて美味しいお弁当にありつけるというワケなのでした。
でも、そんなところにも時々当局のチェックが入るらしく、屋台が一斉に退散してしまう日がありまして、そんな時のお昼はもう悲惨だったなぁ・・・・ブツブツ。
ただ、翌日にはちゃっかり戻って来てましたね。
結局当局も、本気でやってはいなかったんだと想います。(^^ゞ
この辺の緩さが、なんか日本的かなと想うわけです。(笑)

Re: 同意します

ありがとうございます。
> 確かに日本では法律至上主義、完璧主義で行政もマスコミもうるさいですからね。
その分、安心で規律正しいとも言えるのですけどね。

> 電気自動車もそうなのでしょう。あんまり法律至上主義、完璧主義を貫くと成長を阻害する気がします。

結局、消費者が、お役人も、互いにどこまでリスクを許容すか、だと思うのです。
何かあったら役人のせい、ではお役人も厳しくせざる得ないでしょうし、こんな五月蠅いこと言うな、という規制もあるでしょう。
各々の事例で、また全体的なあり方を議論出来れば良いと思うのですが、どうでしょうか。

  • 2010-01-06 | 08:39 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
同意します

確かに日本では法律至上主義、完璧主義で行政もマスコミもうるさいですからね。

中国ではどう見ても違法な屋台が公共施設で堂々と営業していますが、当局は貧しい人がしていることもあって黙認してますね。

電気自動車もそうなのでしょう。あんまり法律至上主義、完璧主義を貫くと成長を阻害する気がします。

  • 2010-01-05 | 22:55 |
  • ムー民 URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。