スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車雑誌「NAVI」休刊@クルマ趣味は滅び行く文化なのか

2010-01-08 | 21:10

発刊当時、夢中になって読んでいた雑誌「NAVI」が休刊です。

この辺は磐石だろうと思っていたんで驚きです
大好きな雑誌だったんですが、途中から編集長が極左活動家上がりの人間になったので読むを止めてしまったんですけどね。
それでその人が止めた頃にはこっちが車に興味を失っていた。

それにしても本当にクルマ趣味って滅び行く文化なんですかね。
私も車への興味、薄れて久しいのですが、日本全体がそうでしょう。
世界史を振り返ると、繁栄していた都市や文化が突然見放されて廃墟となることがありますが、少しそんな現象を思わせます。
なんでこうなったんだろう?

自分自身を振り返るに、今、実用的に車、年間どの位乗るかというと・・・1000キロ位?
主要な行き先は法事(笑
後は会合と勉強会・・・たまにコンビニとか・・・一年に2.3回は片道40分とか1時間、遠方への用事に使うことありますが、後はほとんど15分がいい所って場所だけです。

それでも昔は乗っていたんです。
まず子供が小さかったから旅行に使った。
オムツしている子供2人抱えて新幹線や飛行機に乗りたくなかったしね。
回りも迷惑だろうし、遠くまで連れて行っても疲れさせるだけだろうし。
自分が子供の時、どんな場所に連れていってもらうのが楽しかったかと振り返るに、自然の中の民宿とか今ならペンションとかで、虫取りとか星見たり、魚捕まえようとしたり、放し飼いのアヒル追いかけたりって場所だったので、ベンツのEクラスとかで連れて行きました。
スゴク喜んだけど、成長して大きくなれば沖縄とかが良いでしょう。

それから30代の頃は役員とかやらされて、若い頃の役員=雑用係りですから、それでクルマは必要だった。
資料を運んだり、みんなを乗せたり、たまに偉い人を乗せたりね。
でも今はそういうことからも開放されて必要なくなった。

ドライブに行けば良いだろう、と言われても渋滞嫌いだし、空いた道路で少し飛ばしてれば捕まるしね。行った処でもう知れているしさ。
極端な例ですが、10時間走った先にティオティワカンのピラミッドがある!って言うなら疲れないようにベンツのSクラスとかレクサス買って行くでしょう。
8時間乗ればウフィッツィ美術館がある!ってことなら何回でも行きますよ。
でももう日本国内、何処に行っても似たような観光地でしょ。
休みもないのに時間潰してまで行く気しない。
英国の湖水地方みたいなドライブシーンがあれば、何もなくても行くけどね。

クルマ自体が面白くなくなった、という意見もありますが、どうなんでしょう?ただ驚くに私、今もうどんなクルマが販売されているかも知らないものね。
トヨタならクラウン、カローラ、マークXにプリウス・・・?
ホンダならシビック、アコード、インサイト・・・
位しか名前、出てこない・・・みんな昔の名前で出ているクルマか話題のハイブリットで後は最近の車種って分からない。
昔なら全てのメーカーの全車種言えたけどね。
新型車の名前が言えるのはフェラーリだけ。
458イタリアですね!
でもさらに驚くに、458イタリアの馬力は何馬力か分からない。
これはかつてのスーパーカー少年だった頃には信じ難いことで、全てのスーパーカーの馬力、発生回転数、パワーウエイトレシオ、ゼロ4、みんな頭に入っていた。
ポルシェ73カレラの馬力は210馬力!って昔のクルマなら今でも憶えているんだけどさ(笑
カウンタックLP400は375馬力だっけ?
今はランボルギーニはムルシエラゴって名前は知ってるけど・・・それだけだ。

結局、クルマ趣味は他の楽しみとの楽しみ合戦に敗れたのかね。
大型テレビで海外のスポーツ中継ドンドンやるし、映画もやるし、昔はなかったでしょ。モチロンインターネットもなかった。

それでもまだまだクルマ、好きな人は残っているし、私自身もオープン・カーで初夏から夏の夕暮れを走るのは好きです。
クルマ趣味?飽きた、ツマラナイと思っている人にはオススメします。
オープンで夏の夕暮れは良いですよ。
花粉症でなければ春も最高でしょう。
ドライブが苦にならなければ秋も良いし、冬も防寒すれば大丈夫。
オープン・カーだけは他の趣味とも戦えますね。

残ったのはもみの木ならぬ、オープンカーだけだ。
スポンサーサイト

Theme : ひとりごと
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。