スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を創った3本の木@世界樹幻想、あなたにしか見えない風景

2010-01-14 | 20:54

「世界の中心には一本の巨大な木が立っている」
世界樹というのは、幻想的世界観の中でも極めて魅力的な題材です。

この番組は世界の3箇所を取材しつつ、なかなか上手に仕上げてくれていました。
カナダも良かったのですが、なんと言っても見応えがあったのは、マダガスカルのバオバブの樹です。

目を惹き付けられずにはいられないバオバブの樹に驚いていると、今度はそれが道の両脇に立ち並んでいるバオバブ街道が映し出されて衝撃的。
2lv_7976
奇想であり、ただ驚くのみ。
でもカメラが引くと、何かこの光景には懐かしさがある、と感じる。
こんな珍奇な光景なのに、何だろうと思った処で気づいた。
周囲に稲穂、水田があるのです。
マダガスカルは水耕する国だったのです。

田舎の光景では欧州など非常に美しいのですが、見ていてもやっぱり何か違う。
疎外感がある。
私のいる場所、居つく場所ではない、という感じを受けるのは、やはり日本人は稲穂の国の民だからでしょう。
そして屋久島、縄文杉のエピソードに移る。
いつかは行きたいと思っているのですが、縄文杉までのトレッキングが往復10時間だって!これはちょっと訓練してからですね・・・・
でも風景は凄い。
「山は信仰を生み、川は生活を生む」、と言いますが、確かに深い森というのは人間の矮小さを意識させ、神への想像力を働かせます。
A10209
そして岳祭りのシーンになる。
屋久島の一番高い山の頂上まで登り、昇る朝日を見るのですが、美しいです。
・・・ナレーションでも、ここまで大変な思いをして登った者のみが見られる特権である、と紹介されますが、その通りでしょう。
こういう風景はお金だけ積んでも見れらない。
でも最近、私はこういう風景が見たくてたまらない。
インドア派なので難しいんですけどね。
でも好きでインドアやっているんじゃない。
朝から夜まで働いて、休日には色々漏れた仕事を片付けていたら、インドア派にならざる得ない。
これで仕事さえしていなければ、誰が家に閉じこもっているか、ということです。
でも仕方ない。
ただここで考えたのは、私も私にしか見えない風景を見ているだろう、ということです。
アウトドア派になってあちこち出掛けて、脚を鍛えて屋久島の山頂まで登って初めて見える光景もあるでしょうが、今の私の生活をしているから見える光景もあるはずで、今、私はそれを見ている。
そしてその光景はすべての人にあるんです。
そんな光景が少しでも素晴らしくなるように、まあ明日からも歩き続けましょう。
スポンサーサイト

Theme : 世界遺産
Genre : 旅行

Comment

Re: No title

>バオバブの樹は、私も大好きな樹です、不思議の国に迷い込んだ気分になりますよね・・
そうなんですね。
日本の公園とかにも植えたらどうでしょう、と思ったんですが、色々問題もあるんでしょう。

>沖縄の石垣島にも同じ樹をみましたよー・・不思議な感覚でした・・
石垣島には何度か行きました。
見に行けば良かったなあ・・・

>川沿いを歩いていくと、滝が壮絶な勢いで落ちてる・・見つけたときは感激しましたー・・
これは綺麗そうですね。
普段、歩かない私はまず歩く訓練からです(笑

  • 2010-01-16 | 22:25 |
  • 晴薫 URL :
  • edit
No title

いつか・・自分だけの素晴らしい光景が見えるように私も歩こっと・・バオバブの樹は、私も大好きな樹です、不思議の国に迷い込んだ気分になりますよね・・沖縄の石垣島にも同じ樹をみましたよー・・不思議な感覚でした・・私は山登りは大好きです、そこで観る光景は絶品ですよね、もう登れないですが・・車でヤンバルまで行って川沿いを歩いていくと、滝が壮絶な勢いで落ちてる・・見つけたときは感激しましたー・・

  • 2010-01-16 | 19:34 |
  • akoko URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。