スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【氷点下の出撃は】涼宮ハルヒの消失【報われたか?】を観てきました

2010-02-07 | 16:39

土曜は仕事!しかも忙しい!その上、夜は会合(途中退席しました)!さらに上映館まで遠い、という悪条件でしたが、昨日のレイトショーで観て来ました。

1)上映時間163分はどうか?
上記条件下で疲れていたこともあり、序盤、少しダレている気もして眠気が出ましたが、後半の盛り上がりは楽しめました。
京アニ独特の光の描写も美しかったです。
ただヱヴァンゲリオン破、ほどの密度はなかったと感じました。

2)普通の少女、長門有希はどうか? 
何事にも揺るがぬ長門有希様、この映画では読書好きの気弱な少女として登場!
個人的には少し萌え意識過剰、と感じました。
後半、氷のような本来の長門様が登場するのですが、私はコッチの方がずっと好きです。
このことから分かるのは、私が長門有希に見ているモノは、萌え、というより自分自身の理想像なんですね。
少女美を愛でるロリータ意識より、自分の中に存在するアニマ(男性の中に存在する女性要素)を見つめるナルシズムです。
本来の長門さんのように危地においても揺るがぬ心、私が最も持ちたい要素です。
気弱少女、長門には、萌えはあってもナルシズムはない、ということでしょう。

3)普通のハルヒに初めて好感度!
ハルヒが進学校の普通の生徒として登場するのですが、コッチはオリジナルよりずっと好ましかったです。
普通に強い少女、というキャラクターが良く、少し落ち着いた感じのビジュアルも美しかった。
あんまり狂騒的なのより、この位のがイイんだけどな・・・

消失の謎解き、犯人の正体などへの感想は、まだ未見の方もいると思うので、いずれまた。

パンフと別売のマウスパット、メガネクリーナーです
Yuki1_convert_20100207170442

【結論】
悪条件下の出撃でしたが、報われたか、と問われれば、非常に楽しかった、というのが答えになります。
上映時間が長く、上映館まで少し遠いのでまた行けるかどうか分かりませんが、機会があったら無機質少女の恋心、幾らでも観たいです。
とりあえずBDが出たら迷わず買います。

ps
終了時刻は0時を回っていて、車外気温はマイナス!
深夜のバイパスを疾走して帰りました。
カーナビ計算だと1時間半掛かる道のりを35分(←ネタです)で帰宅!
こういう悪条件下ではセルシオ、頼りになります。
ガランとした3車線の道路でアクセル全開すると、速度はみるみるリミッター(制限速度という意味で、180キロということではありません)に当たる。
このクルマは速いよね。

ps
文芸部室で散らばる本は、早川書房の世界SF全集ですね。
B5da5e1302590d780faddc139895021a
スポンサーサイト

Theme : 涼宮ハルヒの消失
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。