スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【たった一人の】パラノーマル・アクティビティ【レイト・ショーでした】

2010-02-10 | 14:07

本当にあった恐怖譚を手持ちカメラで撮りました、という設定のドキュメンタリー風ホラー映画です。
ブレア・ウィッチ・プロジェクトのアイデアを受け継ぐ作品、何時かは出るとは思っていましたが、期待以上の逸品が登場です。

冒頭こそ、一般家庭の映像がだらだら続く感じが退屈で、この手の設定はまだ森やら山やら少しは日常から離れた場所の方が向いているのでは、と思ったのですが、この監督、相当な手練です。
話の繋ぎが巧みで、恐怖とはあくまで想像力、という本質、良く分かっています。

まずこの手の作品が苦しいのは、一般のホラー映画のようにVFXなど特殊効果が使えず、怖がらせるのに手持ちのカードが少ない、ということですね。
音と・・・さりげないけど異常なる動きと、俳優の演技がすべて。
それだけで恐怖の兆し、発端を見せ、徐々に盛り上げてクライマックスまで撮らなければならない・・・
発端はわりと易しいんですね。
ちょこっと何か見せるような見せないような・・・その程度でイイ。
問題はそれからの段取りと、落とし処です。
少ない材料で、どう繋ぐか、ですが、監督のオーレン・ぺリ、非常に巧みに乗り切ってます。ラストの演出はまさに悪夢でした。

観終えた夜は、ベットに入った後、あの音が聴こえてこないよう祈りましょう。寝ている間に、何者かから突如引
きずり出されるのはゾッとしませんからね。
それにしてもあの緩急は見事だったなあ・・・


恐怖は我々に宿る最も根源的で強い感情です。
だからこそ、我々の想像力は爆発的に働くのです。(逆に言うとそれが「見せるホラー」の限界を規定してしまう)
優れたホラー映画は、その本質を忘れません。


ps夜の映画館で一人で観ました!
仕事が終わった後、平日のレイト・ショーに行ったのですが、シネコン自体空いている・・・僅かにいらっしゃる方々も「アバター」やら「おとうと」やらがお目当てのようで、夜も更けてからホラーを観る方はあまりいらっしゃらないよう・・・開始前のアナウンスもなし・・・これは、と思い館内に入ったら、なんと客は私一人!
深夜に一人の貸切状態で、ホラー映画を観るには、まずは絶好の視聴環境でした。

最近、ろくなホラー映画がないとお嘆きの貴方。
特にブレア・ウィッチ・プロジェクトが気に入ったみなさんには是非オススメしたいです。
出来れば単身、平日のレイト・ショーを狙って行きましょう。
幸運にもたった一人の鑑賞機会に恵まれたなら、映画は一段と楽しめます。
スポンサーサイト

Theme : ホラー映画
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。