スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【光量子仮説が暗示する】しゅごキャラ11巻 【あむの恋人はイクトであり唯世である、ことは矛盾しない】

2010-03-13 | 22:35

キャラっす!
日奈森あむに魅了されている感性の鋭い大きなお友達のみなさん、こんばんは。
しゅごキャラ11巻、もうお買いになったと思いますが、如何でしょう。

今回、あむちゃんは光だけが通れる「星の道」を通って、いなくなったラン、ミキ、スゥ、探索の旅に出掛けます。
心動かされるイクトとヨルのエピソードなどが読みどころですが、正直、あむちゃんの表情が大人っぽく成り過ぎてサイド・ポニーのヘアスタイル、キツクなっています。

さてこの漫画の作者PEACH-PITは、作中に多彩な教養を見せてくれるのが楽しみの一つですが、この巻で注目したいのが「星の道」を案内するダイヤさんの
「ここは光だけが通れる秘密の抜け道」という言葉です。

光だけが通れる抜け道を通っているということは、あむちゃんは=光となって存在している、ということです。
この「光」となっていることが、ポイントです。
それを案内するのは自ら「わたし 未来のナビゲーターよ」
と語るダイヤさんです・・・

ダイヤさんはさらに「光は何より速いから空間も時間も追い越すことが出来る」と言います。
そうなんです。
時間を往来出来るダイヤさんは、分かっていたんです。
この漫画での最大の未解決問題。
あむちゃんの恋人は、イクトか?唯世か?という二股疑惑は、あむちゃん=光という結論で解決出来るのです。
光子の非常に際立った性格の一つに、光は波であって(波動性を持つ)、同時に粒子(粒子性も持つ)である、ということがあるのです。
あむちゃんの本質が光なら、量子論の語ることにより、恋人が、イクトであり、唯世である、という結論に矛盾はなくなりましたね。
メデタシ、メデタシ。

ps
それにしてもりっか主役の「パーティ」は全くダメですね。
りっかがしょせん主役を張れるキャラじゃないのは、前回、遊園地に行った回で完全に証明されました。
なんなんでしょう、あのピンクのシャツに白いファーの襟の格好は。
星を模ったネックレスも安っぽくダサイ。
黄色いハイソも全くダメ。
対してあむちゃんのファッションは完璧にイケてました。
黒い艶消しのジャケットに、下のシャツはグラディエーションを効かしたスクエア模様。ポイントのバッチもブルーの星型のが完璧コーデ。
黒のチョーカーは細目のバックルを覗かせ、サスペンダーは両側外し。
カッコ良すぎです。

それにしても土曜の夜からこういうエントリーを書いているのって・・・虚しい人生だな、とは思います・・・
スポンサーサイト

Theme : しゅごキャラ!
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。