スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座の地価、25%の下落@日本の顔も正念場?オタク趣味の経済効果は

2010-03-19 | 22:22

一番好きな繁華街は?と聞かれたら即座に銀座!と答えます。
新宿も渋谷も池袋も秋葉原も単体の場所で好きな処はあるけど、街としては少し苦手。
もっとも銀座、守備範囲は昼間から夕方までなんですけどね。
夜の銀座には縁がありません。

少し上等の服を着て歩くだけで、なんとなく華やいだ気分になれる街ですよね。

そんな銀座の地価が去年1年で25%下落したらしいです。
その形からも場所からも、銀座という街の凱旋門的な表象であるマリオンから西武デパートが撤退というニュースに驚いたばかりでしたから、ちょっと考えれば、今日発表された地価の下落も想定内でしたか?(今、有楽町西武店のPDFファイル見たら従業員59名で売り上げ162億・・小売りという業態に家賃を考えると、確かに存続不能の数字ですね)

今や日本の地価に資産としての上昇幻想はなく、あるのは徹底した採算ベース。
その場所に出店する企業の販売力に比例するので、単位面積辺りの販売単価が下がれば地価も下がるというドライな状況。
別に銀座に土地があったり、ビル持っているわけではないので(もし持っていたらこんなに労働ばかりの日々は送ってないですが、笑)、地価なんか幾ら下がっても関係ないのですが、好きな場所に影が射すのは寂しいです。

高級ブランド、続々撤退も寂しい。
昨今、むしろダサイと言われる高級ブランドですが、本気でそう思っているならもう一度、自分の眼でご覧になってください。
私はその法外な値段を納得させる幻想喚起力にはいつも感心します。
もし本当にツマラナイ高級ブランドがあったら、市場は冷酷。
長くはもたないって。
まあ私も、この処買っているのはイトーヨーカドーブランド(キリッ、が多いですが@妻の報告

なんでヒューゴ・ボスでなくヨーカドーになってしまったのか、というと、高級ブランドの服を着ていく処に行かなくなったからです。
ウチは去年から今年にかけて娘の大学受験という戦時下体制だったので、家庭内に華美な遊興は如何なものか、という雰囲気があったんでね。
でも、日本中がそうなったので、デパートで買うコストが容認できなくなり、銀座の玄関口に空き店舗の危機?なんでしょうね。

ヤマダ電機、という話もあるけど、秋葉原のお店が結託して日本が誇るオタクグッツの総合販売店ってどうでしょう・・ダメだよね・・・さっき妻が買ってきてくれた長門のガシャポンフィギュア、300円だもの・・・採算取れるわけない。

Naga1_2
(国宝松林図屏風の前で、不況と闘う長門さんです!)

最近買い込んでいるオタク趣味で一番高かったのはCCさくらのブルーレイDVDBOX二つセットで、総計9万3千円だ。
随分高いと思ったけど、BDなんでPC脇で見られず、まだ19話「さくらと夏休みの宿題」までしか見ていない。
これから何度も繰り返し見るだろうから、結局随分安いよな。(CCさくら、3月29日からBShiで放送再開です!お忘れなく!)

ブランド品だと、9万3千円ならちょっとイイジャケット買って、その勢いでフレンチのレストラン行ったりして+2.3万円の消費ですか?
食べた分は無くなるんで、・・・うーーーん、経済波及効果はずっと多いですね。

電化製品は、随分安くなったけど、オタク趣味よりは遥かに高価で、採算ラインに乗るのだろうな。
ともかく空き店舗になるのは勘弁だよ。
スポンサーサイト

Theme : 経済
Genre : 政治・経済

Comment

Re: No title

> 地価が大幅下落している場所は、2000年代前半のプチ不動産バブルの時に、調子に乗って値を吊り上げたところが多いですね。
そうなんでしょうね。
それに+、銀座は日本の土地伝説最後の牙城、というイメージも残していたのでしょうか?


>上げ過ぎたので下げもキツイということでしょう。高値で買った人は大変かも知れませんが…。
土地は一度の投資額が大きいし、売りに出せば叩かれるで、大変でしょうね。

  • 2010-03-19 | 23:17 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
No title

地価が大幅下落している場所は、2000年代前半のプチ不動産バブルの時に、調子に乗って値を吊り上げたところが多いですね。上げ過ぎたので下げもキツイということでしょう。高値で買った人は大変かも知れませんが…。

  • 2010-03-19 | 23:01 |
  • ponpon URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。