スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【独創の使徒こそ】 エヴァンゲリヲン新劇場版:破 【3Dで観たい!】&綾波専門感想

2010-05-25 | 21:42

今日の昼間に届きました。
もうすぐ来るなと思いつつ、ちょっとツンデレ気分もあったのですが、やっぱり届くと文句なく嬉しいです。
今、観ながら記事を書いているのですが、やはり素晴らしい映画の感、新たにしています。

テンポが良く、キャラクターに魅力があり、実写で言う処のカメラアングルに優れている。
文句なしの傑作でしょう。

特に第七(マトリエル改変?)、八(サハクィエル改変?)、十(ゼルエル改変?)の使徒の独創性あふれるデザインは、21世紀の美術史で語られるべき水準に達しています。

怪物、クリーチャーを描こうとする時、これほどの独創性と目を見張らせられる魅力に溢れたデザインが他になされていること、思いつきません。

アバターで非常に感心した3D映画ですが、もしこの映画が3D化され、マトリエル改との空中戦を、サハクィエル改の絢爛たる輝きとスケールを、ゼルエル改の容赦なき強さと迫力を3D化させたら、どんなに素晴らしいことか、と今は思います。

綾波レイ専門の感想
1)みんなが楽しく食事をしているシーンの前に、暗い部屋で一人、カプセルを見つめる華奢な背中と横顔は最高。やっぱり綾波は根暗でこそ綾波。哀れを愛しむ大和心の極みですね。
2)新劇場版ではだいぶ会話をするようになり、とりあえず綾波レイが映っていれば満足の私はただ喜んでいたのですが、ネット上には、神秘性がなくなったという声もある。
そのせいなのだろうか?
瞳で語る名シーン、ベットにうつ伏せになってつぶやく「ありがとう、感謝の言葉・・・」では、TV版の方がエロティックだったような気もする。
謎と神秘は、秘してこそ華、語られる時、それは終わり、だからね。
でもシンジ君の捨てたS-DATを拾う綾波は、こっちじゃないと不自然だしね・・・難しいね。

3)何を煮込んでいるのか分からないけど、綾波レイの料理は、あんまり美味しそうではない。
カップ・ラーメン綾波バージョンの味が、私には合わなかったことと、この間のポテトチップスも美味しいとは言えない味だったので偏見が生まれてしまいました。

でも客観的に考えても、食事会を準備したあの部屋は照明だけでもなんとかしないと。
小姑みたいなことは言いたくないけど、食事は目で食べる、という点もあるんだから・・・
まあ登場以来、16年。千年紀をまたいでも、なお多くの信者を惹きつける聖少女に一つ位欠点があってもいいか。
こういう偏見をなくす為に、今後は提携会社が美味しい商品を出してくれることを期待します。

今日はここまで。
このDVDは何度か記事にしたいと思います。


ps
特典フィルムは頭上に天使の環?をたたえる覚醒初号機でした。
結構、イイかも!
スポンサーサイト

Theme : 新世紀ヱヴァンゲリヲン
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。