スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIX指数がコード1552のETFとして上場@暴落保険は1万円台?

2010-12-21 | 22:47

最初は大証が独自のVIXを発表するらしい、と聞いたので、?と感じたのですが、発表されたのはシカゴ市場に上場されているSP500指数OPのボラティリティ、VIXindexでした。

VIXとはなんじゃ?と申しますと、これは別名、恐怖指数と呼ばれるモノで、株価が暴落すると上昇する、とされています。
する、とされています、と書いたのは、これが指数先物の売りとかputOPの購入と違い、価格の下落自体に直接掛けたものではないからです。

VIXはあくまでボラティリティ(変動率)の指数であり、それが上昇すると、この証券の値段が上がるよう設計されてます、ということです。
で、株価というは往々に上昇するときより下落する時の方が急激なんですね。
短時間に大きな値幅で動くことが多い。
だから変動率が大きくなる。
OP市場でヘッジ需要が急増し、putOPの値段が跳ね上がる、いわゆるIV(=インプライド・ボラティリティ、潜在された変動率)の上昇が起こります。
で、急激で大幅な下落は一般投資家の怖れる処だから、ボラティリティの上昇は、=恐怖である、とされています。
実際、リーマン・ショック時、同時多発テロ、イラク侵攻などの時は、この指数は大幅に上がっています。
株を沢山持っていても、この指数を買っておけば、少しは損を埋められた、ということです。

ただこの商品はドル建て指数の円換算値となるので、為替相場にも注意してください。
後はこのページを読んだ上で投機投資は自己責任ということでヨロシク。
まあ今後の値動き次第ですが、株価の下落に掛ける保険、投機対象としてはputOPの購入はθの減少(買ってから時間が立つと値段が下がります)があるし、先物売りは上がれば期限で決済されるしね
指数ETFの空売りは、あまり多く売ると、現物が上がっても儲けが出ないってこともあるでしょうし、自分の持ち株は下がって、指数は上がってって悲劇も起こりえるしね。
その点、これは1口単位で、減価も少ないだろうから(少ないんだろうな?)使い易いのでは、とも思います。
ただ東京市場でなく米国の株価指数が対象、ってこともお忘れなく。

ps
CBOEのVIX。
私は毎日見て記録している数値なんですが、その意味をまったく知識のない人に一から説明しようとすると難しいですね。
私の説明おわかりいただけたでしょうか?

本当は、VIXの買いって、PUTOPの購入ほどデルタ爆発はないけど、いわゆるポジティブγに似た効果はあるよね、とも書きたかったんだ。
でもこれをなんのことか説明すのって相当長文が必要だよね。
スポンサーサイト

Theme : ETF
Genre : 株式・投資・マネー

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。