スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NFP米国雇用統計:雇用者数は少なくても率が改善で長期金利上昇、で買いだって

2011-02-04 | 23:11

ADPの発表が順当だったので、本日は波乱なし、と思ったら結果は驚きの3万6千人!
まだダメなんだ。
こりゃアメリカヤバいっしょ。
バイロン・ウィーンさん2年連続のハズレなんじゃ、と思いました。
とりあえず考えることはリスク・アセットにオンかオフかです。

ことろが値動きを見ているとUSD,CADの米系通貨が強く、ユーロ圏はCHF中心に売長。
オセアニアは中立でまったく意味不明と思ったら、雇用数は悪くても率が改善して、長期金利上昇で米系通貨買いとか。

でも数が改善しないと不味いんじゃないの?
良く分からないけど・・・
まあ市場が買いだ、と言えばそうですかと言うしかない。
スポンサーサイト

Theme : FX(外国為替証拠金取引)
Genre : 株式・投資・マネー

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。