スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道シックスティーン@成海璃子の眉はこの映画のためだった

2011-04-18 | 22:06

一見普通のオッサンでも、その内面は様々であるのように、美少女だって一くくりにするな。
色々なキャラがいるのだなあ、と改めて気付かされる映画です。

ベストセラー原作の映画化ですが、この映画、まず主役を張る成海璃子さんの眉に注目です。
美少女モデルとは思えないほど、いきり立ち逆立っている。
そして演技もそれにふさわしい狂暴さが出ています。
打ちかかる間際の叫びは迫力満点で、竹刀を握ると、「これは刀だ」と言い切るセリフには、闘いに憑かれた人間の重い狂気すら漂います。
成海さんが破壊的なパンクロックを愛好する女の子だというのが充分納得出来る演技です。

もう一人の主人公を演じた北乃きいさんは、終始、受けに回る役柄でしたが、好演していたと思います。
道場で二人だけで稽古する場面は、ご自分で演じたのでしょうか?
激しい動きに白い道着がひらひらと映えて、運動神経良好とお見受けしました。
昔と違って、最近の女優さんは、身体能力が要求されるので、大変だよね。

成海璃子さんの怪演を見るだけでも価値がある映画です。
良質の原作がテンポ良く演出されていて楽しかったな。

二人が戦うシーンでのセリフ回しで「あらご挨拶・・・」というのが、時代錯誤と言われているけど、私はオモシロかった。
緊張の極限で、時に人はオカシナ事を言うものだと思う。
特に、武蔵だ小次郎だ、ここは巌流島云々なんて言うオタクな少女たちならね。
スポンサーサイト

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。