スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりおったモウリーニョ! レアル・マドリーを18年ぶりの戴冠へ!

2011-04-22 | 20:58

2011コパ・デル・レイは、「二度目のクラシコ」を制したレアル・マドリッドが勝ち、優勝を決めました。
最近は無敵にして美しいという、イイとこみんな取られていたバルサに、レアルはやっと一矢報いました。

ただ今日の勝利の予感は、前試合からありましたよね。
最終ラインに4人が並び、時にその前を5人で固める。
普通のチームがやるとただのドン引きサッカーになるんですが、レアルがやると純白の岩塊を思わせ、さらに自在に伸びる触手の存在も感じ、カテナチオを超えたある種の美が宿ります。
モウリーニョは最初からこう戦いたかった?
でもリーガは攻めてナンボ、という世界なんであわせていた?
そしたら5-0だったので、本来の方針に戻したってことでしょうか?

数日前、風呂上りにテレビをつけたらモウリーニョの戦略、という番組をやっていて見たら飽きれた。
インテル時代のエピソードなんだけど、エトーを意識的に上がらせず、相手DFの判断を迷わせスペースを作った、なんて言っている。
その智謀、鬼神の如し、ってヤツですね。

試合は前半は白い岩塊レアルのペースで、足が止まった後半はバルサのペース。
結局延長後半にレアルが決めた。
決めたのはC・ロナウドでしたが、左FWのデ・マリアが終始効いてました。

すっかり魅了されているFCバルセロナのサッカーですが、最近はちょっと強すぎてツマラナイ感じもあったので、この負けもそれほど残念ではありません。

今後も白熱するだろうモウリーニョ対バルセロナ。
上等じゃないですか。

ps
素晴らしい試合で唯一気掛かりだったのは、FKに入るメッシやシャビの顔にちらつくグリーンのレーザー光線ですね。
これだけはホント、白い巨人の汚点、というかスペインサッカーの汚点になりかねないんだから、関係者は全力で阻止するべき。

ps
試合後にエア闘牛の真似をして会場を沸かせたセルヒオ・ラモス
まさか翌日のパレードで新調したばかりの優勝カップを落とすとは思わなかったろうな。
人生は一寸先が闇ってことか。
その先を知っているのはイケルくんだけなのか?
さらにはイニエスタくんというタコもいるのを今知って・・・やっぱいじられキャラなのかイニエスタは?
でも最近は前より激しいよね。
男、イニエスタって感じ。
スポンサーサイト

Theme : 欧州サッカー全般
Genre : スポーツ

Comment

Re: はれまきじゅん

> 「日本一わかりやす決算書ドリル」はれまきじゅんさんの依頼で改定した内容で順次ブログにアップしています

今、見させて戴きました。
私も勉強しなおしたいと思います。

  • 2011-04-23 | 23:20 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
はれまきじゅん

「日本一わかりやす決算書ドリル」はれまきじゅんさんの依頼で改定した内容で順次ブログにアップしています
よろしくお願いします。

  • 2011-04-23 | 08:01 |
  • ぷら URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。