スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島をプジョー206ccで走る@宮古島&プジョーのドライビングレポート

2011-05-05 | 18:01

今回の再訪の目的は、プール付きのスイートルームに泊まること、と書きましたが、もう一つの目的は、南の島で夕暮れの中をオープンで走りたいということがありました。

宮古島は小さな島ですが、交通量が少なくドライブに快適では、と踏んだのです。
結局、三角形の島の3頂点に行きましたが、スイスイスイスイあっと言う間に到着。渋滞の苦行とは無縁の島です。
Miyako10_convert_20110505174854
特に楽しかったのは、シギラベイスイートから東平安名崎にいたる235号線。
片側に海をのぞむそれば、適度な起伏を含んだ高速ワインディングロードです。
景色が刻々と変わる中を、起伏に乗って飛ぶように走る喜びは、平面的で同じ場所をグルグル回るだけのサーキットより楽しいよなあ、と感じざる得ない。

宮古島から長い橋でつながっている来間島と池間島にも行きました。
Miyako19_convert_20110505175027
池間島は島に付いてすぐに人の気配がしなくなり、無人の道をたどっていると何時の間にか一周していたなんてちょっと宮崎アニメの世界に入ったような感覚でした。
Miyako18_convert_20110505174945


乗ったクルマはプジョー206ccです。
とてもキュートなスタイルのクルマで、私好みのコンパクトボディです。
Miyako11_convert_20110505174652_2
反面、メタルルーフが畳み込まれるトランクはほとんど使い物にならず、後席も実用上ギリギリかな。
Miyako13_convert_20110505174736_2
それでもお散歩用にはイイのではないか?
オープンはスポーツカーばかり乗ってますが、スポーツカー、サーキットに行くならクローズドにしくはない。
それなら実用車をオープンにしたらどうか、というのは考える処です。

ただ乗った結果はちょっとガッカリでした。
スタイルの上では魅力になっている前傾されたフロントウインドウがドライバーの視界の上部を蔽ってしまうのです。
ガラスにくるまれた感じで、オープンに乗っている感覚が希薄になってしまう。
オープンの楽しさって、ちょっと視線を上げた先が空に向って空いているってのがイイんだよね。

フランス車のATの弱点も感じました。
飛ばした状態からコーナーにアプローチする時、ブレーキングでボディが震えるのも難点ですね。

結局、天候が曇っていて夕日は見えず。
ま、企てていてことって、現実にはこんなものです。
スポンサーサイト

Theme : 旅行、旅、ドライブ
Genre : 旅行

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。