スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾風ガール 誉田哲也@走り出すキャラクター、ページをめくらすベクトル感覚

2011-05-12 | 20:50

19才の美少女天才ロックギタリスト夏美が、自殺した憧れのヴォーカリストの謎を追う、という話です。
バディ・ストーリーで、片割れは夏美の才能に惚れこんだ芸能プロダクションのマネージャーという設定。
果たして、その死の謎は解かれるのか、ということですが、まず特筆したいのが、著者の、「読者にページをめくらせる力量@ベクトル感覚」です。
スラスラスラスラともかく読ませる。
娯楽小説なんだから当たり前と言うなかれ。
この水準の作家はそうはいないでしょう。

キャラクターの建て方も非常に巧い。
主人はモチロン、相手役のマネージャーも、所属するバンドのメンバーも、バイト先のオーナーも、憧れの君の恋人も、田畑を耕している映画にたとえればチョイ役の男にいたるまで、全員に生命が宿り生き生きと躍動しています。

狭義のミステリーに捉われない解答が示される死の謎も良かったですね。

ただヒロインの性格設定が、いわゆるアスカ、ハルヒタイプで、私の好みでなかったのが残念でした。
今度は綾波、長門タイプのヒロインモノ、1本書いて欲しいかな。
そしたらまた読みます。
if
スポンサーサイト

Theme : 読書メモ
Genre : 本・雑誌

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。