スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の暮れ、紫のグラディエーション、ダンタリアンの書架、靴を買いに行く

2011-09-28 | 22:33

めっきり涼しくなりました。
すごしやすいと言えばその通りなんですが、私は少し暑い位の方が好きです。
夏が一つ終わるのをだんだん寂しく感じるようになっています。
人生の夏もとうに過ぎて、このまま秋が深まってしまうのかな?
ああ、もう一度、燃えるような夏を私に!(笑

昨日は仕事の後、Z4に乗って靴を買いに行きました。
面倒だったんだけどね。
しばらく買ってなかったから、あまり良いモノがなくなってしまって。

途中のドライブでは、いかにも秋の夕空という紫から深赤にかけて染め上げられた雲と空を見ました。
聴いていた音楽はダンタリアンの書架のOP
詩の朗読がムード出しています。
秋の雰囲気が非常に宜しいです。
オープンカーは秋、ということ、良く言われるのですが、夕暮れから夜だとヒーター掛けないとダメでしょう。
人工的に快適にする、というのが嫌なんです。
夏の夜は蒸し暑いでしょう。
でも幌を開けて走っていると、風が首筋をまといついて、汗を乾かしてくれる。その感じが良いんですよ。
信号とかで停まって、蒸し暑くなって、汗がにじむ。
走りだすとその汗が乾いていく。
この繰り返しが好きなんです。

お店を色々回って買った靴はナイキとホーキンス。
共にセール開催中で安かったです。
どこにでもストレスなく停められる、Z4はこういう使い方には非常に便利。

夕食はマクドナルド。
随分ご無沙汰していたせいか、看板みたら急に食べたくなって入りました。
チキンなんかも今はあるのね。

ps
あ、印刷しておいたチラシ置き忘れるのを忘れた。

ps
今日は本来、休日だったんですが、用事が立て込み仕事日より忙しい一日でした。
疲れました。
神経、体力共に限界。
来週の日曜も水曜も忙しいの決定なんだよなあ・・・
まあ仕方がないですね。
働くってこんなモノ。

「庭は喪に服し
冷雨は花裡に沈む
夏は身を慄わせ
黙然と終末に向かう。
金の葉は一つまた一つ
高いアカシアの木から滴り落ち、
夏は驚愕し、力なく微笑む
死にゆく庭の夢の中に@ヘッセ/9月」

「夜の魔術の環の中で
深く、千倍も生きるために。
そして音楽は常に新たに、無上に慄える石たちから
ほかに使い道のない空間に、神々の住む家を建てる@リルケ」

「何故ならば、美は私たちの耐えられる限りでの
恐ろしいものの始まりにほかならない@リルケ」
スポンサーサイト

Theme : ダンタリアンの書架
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。