スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女優が恋したモーガン巨匠が愛したフェラーリ沢村慎太朗@スーパーカー誕生Ⅱを望む

2011-10-24 | 22:57

スーパーカーを語る上での金字塔となった名著「スーパーカー誕生」の著者、沢村慎太郎さんの新刊です。

書店で沢村慎太郎の名前を見た時は、さっと手が伸び、見ずてんの買いと思いました。
でも立ち読みすると、そうでもない。
どうしようかな、と迷ったんですが、「スーパーカー誕生」はあまりに名著であり、その著者の本なんだから、買ってあげるのが本読み人間の仁義というモノではないのか、と思い直し、購入しました。(本読み人間は、あまりに素晴らしい本を書いた著者の続刊には、いわゆる「裏を返す」という習慣がある)

カラヤン、ミケランジェリからバルドー、アン王女に至るまで、取り上げられる18人は幅広く、沢村さんらしく丹念に一次資料にあたり、詳しく正確に記述されるのですが、読んでいて物語が立ち上がってこない。

書店で予感した通り、「スーパーカー誕生」を読んだ時のようなワクワク感はありませんでした。
英国王室はホントにクルマが好きなんだなあ、とか、グレース・ケリーの人生ってなんだったんだろうな、という寂しさは感じましたが、深みに欠ける。

沢村さんは人よりクルマ自身を語る時の方が、より生き生きとするのかな、とも思いました。
名著「スーパーカー誕生」は2008年度の刊行ですから、それ以降のスーパーカーは取り上げられていません。
世界は今、空前のスーパーカーブームであり、新型車が続々出ていますから、続編が欲しい処です。
3-4年分と少し紹介量が足りないならmook形式とか軽い感じでも良いです。
次の著作は、あの名著の補完バージョンみたいなノリでどうでしょう?
スーパーカー誕生
スポンサーサイト

Theme : つぶやき
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。