スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突進を殺した精妙なバックステップ@パッキャオvsマルケス

2011-11-13 | 16:51

対戦が決まった時は、なんで今さらマルケスなんだ、と思いました。
パッキャオもボクサー・キャリアの終盤を迎えて、忘れ物を取りに行ったつもりだったんだろうか。
一番苦労した対戦相手だったのは確かだけど、その後のキャリアを考えるとすでにバランスが取れてない。

試合は、両者の極めて高度な技術の応酬となりましたが、マルケスの磨いた技術は、パッキャオの攻撃の殺し方。
あの突進をどういなすか?
答えは精妙なるバックステップで下がりつつ、カウンターで迎え打つ。
言うのは簡単だけど、今のパッキャオ相手にこれが出来たのはマルケスだけっだったろう。
マルケスの狙いは成功し、パッキャオの攻撃を最後まで封じ込めた。
柔らかい肩を生かして初発の距離を稼ぎ、それでも入ってくるパッキャオには、バックステップからのカウンター狙い。
このマルケスの一連の動きはまさに芸術。
特にカウンターで放たれる左アッパーは、メキシコボクシング界の伝統が生んだ至芸としか言いようがない。

ただボクシングの持つエキサイトメン、ぶつかり合う興奮には欠けていました。
感心する対象が、両者の素晴らしいフットワークじゃなあ・・・
煽りが大きかったわりには、少し物足りない。
観客が見たかったのは、やはり大きな相手に飛び込んで打ちまくるパッキャオだったと思う。
どうせなら今回は、セルヒオ・マルチネスとの戦いが見たかったな。
マルチネスは完全なるミドル級だけどさ。
個人的には観たかったよ。
パッキャオならやれたと思うんだけどなあ・・・

次はメイウェザー?
メイウェザーは意地でも下がらないだろう。
そうなると勝負は異次元空間を支配する超人vs闘神マニーってことになる。
楽しみだよね。

デカイ相手に挑み続けた勇気と、傑作KOシーンを生みつづけた実績から私はパッキャオを応援します。

スポンサーサイト

Theme : ボクシング
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。