スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター20話『約束』@ラスト、歌の演出が巧すぎて泣いた!

2011-11-18 | 20:38

アイドルマスターは15話から観始めたんで、まだ何が何やら。
分かるのは髪の黄色い子とラーメンを食べる上品な子とハムスターを頭に乗せてる子と男装が似合う子に主人公の子位。
作画が綺麗で、キャラデザインが可愛いので見ているけど、しょせんゲームが元ネタでしょ。
ドラマ造りは大したことないだろうと、軽く見ていたので、この回は不意を突かれる形で泣いた泣いた。
録画しておいたのを昼食時に観て号泣。
あまりの感動に、夕食時にも見て再び号泣。
こんなアニメみて泣きぬいているオッサンもどうかと思うけど、音楽込みで良く出来てる作品だと思う。

「約束」と題されたこの20話は、いきない暗い入りで、お気に入りのOP曲「CHANGE!!!!」もやらない。
話しは、千早ちゃんという子は、子供の頃、交通事故で弟を亡くして云々。
それを敵役の大手プロダクションに悪く書かれてかんぬん、という展開。
途中の作画、演出も泣かせる展開で、風船をフワッと飛ばすカットが入ったり、亡くなった弟のスケッチブックが妙にリアルだったりと巧い。
そしてそういう伏線が、すべて最後に効いてくるのは見事な構成だ。

終盤、ライブにやっと参加した千早がみんなと円陣、ハイタッチで、春香とも仲直り、ところがステージに上がり、いざ歌を歌いだそうとすると声が出ない。
こういう時のお約束で、主人公の春香が飛び出すんだけど、その声の素晴らしさにまずは震える。
さらに次々にメンバーが歌いだし、助け合い、盛り上がるというのは、ありふれた定型なんだけど、間、間に幼き
日の自分と弟の幻影が現れ、思い出が繰り返され、音楽が盛り上がると、もう心は感動の中に。
そしてBパート、ついに千早ちゃんの声が出る。
巧いなあ!
ホントウに素晴らしい歌声だ。
曲も素晴らしく、それまでのネタフリ、仕込みも完璧で、エンディングの余韻も客席の幻影が効果的で、これは完璧な出来栄えだろう。

スッゴイアニメだよ、コレ。
しょせん、ゲームが元ネタなんて侮っていてスマン。
ゲームはやらないけど、CDは買うよ。
スポンサーサイト

Theme : アイドルマスター
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。