スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

囮物語 西尾維新@ともかくこのキャラクターは凄いよ

2011-12-19 | 21:25

萌えキャラの一つの極点を示した千石撫子の後日談となります。
西尾さん、速いペースで刊行しているだけあって、少し書き飛ばしている感はありますが、キャラクターに魅力を与える力は抜群です。

ただこの小説を読むならやはりアニメ「蛇に巻きつかれた少女@化物語」を観てからでしょう。
最近、BDのボックスが発売されましたが、まずはレンタルでもOK.
化物語の4巻目ですが、この巻だけでも見れば虜になること疑いなしで、そうしたらDVDを最初からレンタルするかBDBOXを買ってしまいましょう。

全編Coolな美意識に支えられた物語で、買って後悔することはありません。
アニメを観て、恋愛サーキュレーションを聴いた後だと、この小説の1p目、お小遣い月千二百円という1行にグッとくるんですね(笑
そういう意味では、やはりメディアミックス小説なんだ、と思います。

この作品に関しては、なんとあのセリフは伏線だったのか、という驚きがありました。
相変わらず伏線の張り方は名人芸の域。
西尾維新の構成力は、ハンパではないレベルです。
一般の小説読みの方だと、「ライトノベル」というだけで、少し下に見る気味あると思いますが、なんのなんの。
キャラクターに魅力を与える力と、遠大な物語の構成力は、瞠目するレベル。
これだけの小説はそうそうなくて、たとえば年末に娯楽小説の案内定番となった「このミステリーがすごい」に載っているほとんどの本よりオモシロイ。
良く出来ていること、私が保障します。

しかしスッゴイ理屈が付いて、スッゴイ終盤になりました。
最終巻はオールスターキャストでやって、メチャクチャに驚かして欲しいですね。
アニメ化も全編やって欲しいよ。
想像力溢れる素晴らしいフィクションにまずは乾杯という処です。

スポンサーサイト

Theme : ライトノベル
Genre : 本・雑誌

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。