スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安室奈美恵LIVE STYLE2006@妖精のような彼女は重力からも自由

2012-02-01 | 22:37

去年のツアーもLIVE STYLEと名付けられていましたが、これは5年前の2006
Pop Music史上に残る大傑作「PLAY」のひとつ前のライブです。
だからこのDVDではスーパークールな世界を創造している、というにはまだ少しだけ生硬な感触が残っています。(登場の時のロングドレスとか、バラードの時、背景に広げられるドレープを入れた幕とか少しダサい。)
ああ、でもこのお姿、この動き、なんという魅惑の極致でしょう。
美神(Muse)に生まれ変わる寸前の妖精さながら。

Supercool(スーパークール)
安室奈美恵を定義する時の言葉として提案したい。
安室奈美恵、安室奈美恵というと狂ったように絶賛する私ですが、とりあえず他のディーヴァと呼ばれる人たちのライブも一応みんな観ています。
その上で言います。
世界のトップアーティストたちのライブはみんな素晴らしい。
でも安室奈美恵の創りだす世界は次元が違う。
日本人はしょせん外人に勝てないとか思っている人は、いつまでもそう言っていなさい。
世界は変わるんだよ。
日本人はダメに決まっているという偏見、思い込みで目が曇っているだけ。
安室奈美恵は世界1なんじゃないかなあ、と思っている人。
貴方は正しい。
どうかその見解に自信を持ってください。
安室奈美恵はPop Music史上に、まったく新たな次元を切り開いた芸術家です。

軽やかに歌い踊る彼女は、時に重力からすら完全に自由に見え、ほんとにこんな人間いるのかな、と考えてしまう。
黒いセパレーツ姿になったスタイルを遠くから撮った映像など、人間というより、未来の芸術家が造り出した3DCG映像のようにしか見えない。

唐突ですが、宇宙には基本的に4つの力しか存在しません。
1.重力2.強い核力、3.弱い核力、4.電磁気力
ですね。
そして宇宙を形作る最も大きな力は重力です。
そして重力というのは、「現実」を考える上での非常に強力なメタファーになる。
夢はそのままでは実現しない、無理して実現させようとすると、自らの重みで自壊してしまう、ということですね。
その隠喩としての「重力」からすら「自由」になっているのがnamie amuroだ。
こういう大げさなことをかんがえさせるのが、彼女のライブなんだよ。
だから芸術家なわけだな。

安室ちゃんについての前記事で、DVDを寝酒代わりに観ている、と書きましたが、最近はついつい観すぎて夜更かし気味です。
私にとって安室奈美恵のPV、ライブDVDは麻薬そのもの。
節制とトレーニングの鬼であろう安室様のファンとしては恥ずかしい処なんで、今日からは反省して早寝をしたい。

ps
最近の安室奈美恵を観てない人はDVDを買いなさい、なんて言わない。
買わないでイイです。
レンタルでイイから見てください。
「PLAY」からでイイかなあ・・・アルバムでもツアーでもどちらでもイイや。
貴方に美を見分ける感性があれば、5分で人生変わりますって。

DVDの内容についてまったく書かなかったので、いつかまた記事にします。
スポンサーサイト

Theme : 安室奈美恵
Genre : 音楽

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。