スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール・ストリート@オリバー・ストーンの名人芸を味わう

2012-02-07 | 22:06

ボルガ―ルールやらバーゼル3の規制を控え、黄昏ているウォール街ですが、ドラマティックな映画の舞台には、まだまだ悪くないんじゃないでしょうか。
そうなると主人公は、「伝説のディーラー」でしょうか?
イイでしょう、映画なんだから、ヒーローが必要だ。
でもその描き方が、稚拙だと悲しいですよね。
ではどう描けば良いのか?
今回はオリバー・ストーンのこの作品から、その名人芸を書いていきたいと思います。
1)出所シーンのクルマの演出
ゴードン・ゲッコーが、他の囚人と出所してくるシーンでは、まずtaxiが他の囚人を出迎えます。
カメラが引いてゲッコーを撮るとリムジンが。すっと来る。
流石っすゲッコーさん、で終われば凡庸。
この後の外しですね。
そして終盤への伏線にもなっている構成が流石です。

2)突然始まる、唸るようなセリフの妙
地下鉄の中でゲッコーとジェイコブの話が女と金のことに及ぶとそれは、
「金は同じベットに寝てくれるぞ。そしてじっとオマエを見つめてくれる。金は眠らない女なんだ。」
なんて展開になります。
唸るようなセリフですね。
セリフが説明的でありきたりじゃダメなんです。

3)ウォール街の大物が集まる部屋のインテリアの凄さ&強欲社長の趣味はあの人と同じ。
銀行を清算に追い込む会議が開かれる部屋のインテリアには目を見張るものがあります。
暗がりに沈むカーテンの光沢やソファの革の照り、を見てください。
また敵役になる強欲な投資銀行家の部屋に飾られる絵画の数々ですね。
ゴヤ、キース・へリング、ウォーホール、フランシス・ベーコン(私がパッと見た感じですけど)などなど。
後のメトロポリタン美術館でのパーティシーンも圧巻。
神は細部に宿るのです。
こういう処で、手を抜いてはダメ。
強欲社長の趣味がアート、というのはリチャード・ファルドがイメージでしょうか?皮肉も効いてますし、伏線にもなってます。
1つのシーンに多重な意味がある。
これが職人芸というものです。

4)若い二人が家を買いに行きますが、ついて来た不動産ブローカーの正体が明かされるまでの展開。
ビックリしたと思います。
こういう何気ないシーンに意味と意外性が込められると、客は飽きません。

5)金は日本から中国か
前作では市場が開くと同時に、「東京の連中が買ってくるぞ」、なんてセリフがありましたよね。
今回はひたすら中国の金が注目されています。
リーマン破綻も、中国から韓国が買い手の噂になっていました。
そういうセリフもありましたね。


こんな風に物語を紡いて行って、終盤、大落としが来る。
私はすっかりハメられました。
オリバー・ストーンは時にトリッキーに過ぎ、時事ネタと寝すぎる風もありますが、こうして観ると半端な手練れじゃないですよね。
見事な作品でした。

ps
オートバイで山道を競争シーンがありますが、路面に木の葉が落ちていて危険です。クルマなら気にしないで良い程度ですし、単車でもゆっくりツーリングならOKですが、映画のようにレースまがいに飛ばすなら、あの落葉はリスク・ファクターです。
どっかに吹き溜まっていたら、非常に危ない。
私ならあの環境では単車は飛ばしません。
クルマでも自重するな。

我が子を喰らうサトゥルヌスは誰のことか?
観れば分かりますが、今回、この絵画が特別なモティーフになっています。
一見、絵画をイッパイ集めていてもアートへの愛がないことが分かりますし、強欲が破滅することの隠喩にもなってます。
でも将来の世代を喰らうな、という教えは何処かの国にも言ってあげたくならないですか?

スポンサーサイト

Theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。