スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表参道うかい亭に行ってきました@なるほど鉄板焼きも芸術だな

2012-02-11 | 21:46

ミシュラン店シリーズ、今回は鉄板焼き。
渋谷でフェルメール展を見た後に、寄りました。

ミシュラン店で鉄板焼き。
どうもこの料理って、名店の料理、というには、ただ鉄板で焼くだけだろう、って感じがぬぐえない。
フレンチとか懐石みたいに、技を尽くした、という印象に薄い。
でも何かご馳走を食べるって時には面倒がなくて行きやすいよね。
実際、私にとっての鉄板焼きというと帝国ホテルの嘉門のイメージですが、嘉門もフレンチの後に入ったんだよね。
ちょっと気張らないと入り難いフレンチより、ざっくり食べられる鉄板焼きの方が集客的にはイイんだろうなあ、と思います。
でも名店、というならそういう便利だから良し、ことだけもないはずだ。

行ったのは何時ものように昼間なんですけど、ディナーも頼めるということなんで、夜のコース、鮑とうかい特選牛のコースにしました。
アミューズはウニを浮かべた1品
オードブルはタラバガニを選択しました。
太いタラバの足の身も、かけてあるソースも味わいは深い。
牛テールのコンソメスープは出汁がしっかり効いてました。
鮑の岩塩蒸しは、掛けてあるソースが絶品!
なるほど、これは芸術だ、と納得。
サーロインは当然の如く美味しく、食事は定番ガーリックご飯を選びましたが、妻はソーメンを選択。
美味しかったみたいです。
うん、確かに鉄板焼きは独自の境地を開き、境地を極めた一分野であること、分かりました。

お値段は、二人でビールを頼んで、サービス料込で4万3千円。
昼間だったら、ランチでイイかな。
食事の後はデザートの部屋で、コーヒー、紅茶とアイスやらプリンやらが1品が付きます。
その後もケーキのスタンドが回ってくるので、さっさと立ち上がってお会計しようとしないように。
あ、ウチのことでしたが。


ps
久々の原宿は超素敵でした。
うかい亭の入っているビルはブルガリの大きなお店があって、あーあー、こういうとこが片道40分位の場所にあればなあ、と。
休日前夜なんか通いますよ。
ディオールもあるし、表参道ヒルズもあるし、私はけっこう、ベタなブランド好きなんで、羨ましい。

田舎はダメだよ、やっぱり。
昨日の夜に行ったことなんで、ローソンだよ。
狙いは十六茶で、まどかマギカのフィギュア・ストラップでしたが、幸いみんな揃いました。
小さな幸せ。
スポンサーサイト

Theme : おいしい☆
Genre : グルメ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。