スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンタラム下巻 グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ@伏線もどんでん返しもあった驚きの自伝的小説

2012-04-02 | 23:41

この小説の魅力は、輝くような文章とカレイドスコープからあふれ出たような多彩なエピソードだと思っていました。
そしてそれだけで充分以上に素晴らしい。

惜しむらくは全体の構成で、自伝的小説なるが故に、前もって作者が周到に計算し準備した筋書の巧みさを堪能することは出来ない相談なんだろうな、と諦めていたのも確かなんです。
ところが下巻に至り、実はこの小説には伏線も大どんでん返しもあったということに驚かされる。
ビックリするようなエピソードは、完全フィクションであっても反則ギリギリのラインもあるんだけど、これだけグルーブし、絢爛たる文章で読ませてもらえるんならイイやって思わされますね。

確かにこの下巻にもなると、上、中巻にあった床も踏み抜けとばかりに全開だったアクセルも少し戻されます。
ストーリーのテンポ、というか読者を乗せて走る勢いは少し落ちる。
インドからアフガニスタンにまで舞台が移ると、読者は話の風呂敷を大きく広く感じ過ぎてしまい、ちょっとついて行き難い領域に入ってしまうのだ。
しかし「運命にはいつもふたつの選択肢があるー選ぶべき運命と、実際に選ぶことになる運命のふたつだ」とか
「振り下ろされ鞭のように、沈黙は確実に人を傷つけることができるーしかし、ときとして沈黙こそが真実を語る唯一の手段であることがある」
なんて文章に痺れて読みすすむと、いよいよこのウルトラ長編小説もお終い。
アホだと思われるのを承知で書きますが、個人的にこの小説はカラマーゾフの兄弟より深く感じ入ることが出来、一気呵成の勢いではキングのアンダー・ザ・ドームに迫るものがあった。
生涯最高の中編小説なら「草枕」だけど、生涯最高長編小説の有力な候補ですね。
1800p続いた長編は以下のように、とりあえずの幕を降ろします。
凄い文章だと思うので、まあ読んでみてよ。
「世界に満ちては引く善と悪の潮に、自分たちの生み出したちっぽけな結果を加える。影の射す自分たちの十字架を次の夜の希望の中へと引きずる。
勇敢な心を明日の約束の中に押し出す・・・運命が待っていてくれるかぎり、私たちは生きつづける。神よ、助けたまえ。神よ、赦したまえ。私たちは生きつづける。」


スポンサーサイト

Theme : 読書メモ
Genre : 学問・文化・芸術

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。