スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブ/Drive@青白く燃え上がる狂気『タクシー・ドライバー』を思わせるviolence fantasy

2012-04-09 | 23:27

昼間は映画のスタントマンで夜は武装強盗の逃亡を助ける天才ドライバー。
そんな寡黙で孤独な男が一人の女性と出会った先に遭遇する暴力の嵐・・・

もう同じような設定の映画、何本観たことでしょう。
ありきたりというか手垢の付きすぎたお話しで、好意的なレビューがなければ絶対に観なかったであろう作品。
正直、賞賛の嵐となっているレビューを読んだ後でもね。
行くの迷っていたわけですが、観てビックリ!
なんとこの映画はあの傑作「タクシー・ドライバー」へ捧げられたオマージュ、21世紀のロサンジェルスから20世紀のニューヨークへと手向けられたcoolなviolence fantasyだったよ。

題名からもカー・チェイスが中心の映画かと思うでしょ。
確かにそういうシーンあるんですが、そっちにはあんまり奇想天外な絵柄はない。
逃亡するシーンとか、けっこうリアリティ追及路線で、その分観客はもっともらしく感じる訳ですが、そのもっともらしさを生々しい暴力シーンに生かしていく。
あまりこの手を見慣れていないお客さんが、ひーひー言っていたということをご報告しておきます。

主人公を演じたライアン・ゴズリングは、無駄に顔が長い印象で、いつも楊枝をくわえているのが田舎臭くてバカ
っぽくて、子供と一緒にテレビを見ている時なんかオメデタイ顔で弛緩しきっていて全然カッコ良くないんだけれど、一朝、事に臨んだ時は容赦がない。
その落差が衝撃となって観るモノを驚かす。
自分が撃たれたと思わせるような銃声とか、一人クルマで待っている間の秒針の音とか細かな演出も冴えていて、音楽もひたすらにカッコイイ。

愛するモノ、美しきモノの為に自らは平然と死を覚悟し、大都会の夜の光を横顔に受けて愛車を転がすドライバーにいつしか私はトラビスの面影を見てしまった。
論理ではない。
倫理でもない。
計算もないただひたすらの暴力衝動は、若い雄だけが持てる特権で胸を打つ。
ラスト間際の変装にはジョン・カーペンターの「ハロウィン」も思いだした。
彼はこれから何処に行くのか?
そもそも彼は何処から来たのか?
果てしなき夜の暗闇の中で、彼がドライブする先に、いつか平安は来るのだろうか?

ps
この映画はDVD買ってもイイかもですね。
生々しい暴力シーンが嫌でなければ一押しの逸品
スポンサーサイト

Theme : ★おすすめ映画★
Genre : 映画

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【ドライブ/Drive@青白く燃え上がる狂気『タクシー・ドライバー』を思わせviolence fantasy】

昼間は映画のスタントマンで夜は武装強盗の逃亡を助ける天才ドライバー。そんな寡黙で孤独な男が一人のた先に遭遇する暴力の嵐・・・もう同じような設定の映画、何本観たことでしょう。ありきたりというか手垢の付きすぎたお話しで、好意的なレビューがなければ絶対に観な...

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。