スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱狂の日2012ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン@素晴らしかったウラル・フィルハーモニーの「シェエラザード」&楽しかった休日

2012-05-05 | 19:11

熱狂の日、本来なら3日か4日に行こうと思っていたんですが、悪天候でぐずぐずしてしまい、最終日の本日、やっとこさっとこ行ってまいりました。
チケットの類も取ってなかったので、朝に到着した後、ガラス棟に入り見つくろう。
正直、私のクラシック熱は相当冷めていてね。
今聴いている音楽は萌え系アニソンと安室奈美恵が中心。
昨夜も「PLAY」のライブDVDの後、BEST FICTIONのMV観てて遅くまで起きていた。
安室奈美恵、すっと挙げた指までが長く美しくダ・ヴィンチの「洗礼者ヨハネ」さながら。
観れば観るほど魅惑され、魅力の底が知れず、やはり彼女は「神の造り上げたフェラーリ」だな、と思うばかり。
そしてその安室奈美恵は私の中でのライブの概念というか、判断基準を一気に押し上げて、なんかもう安室ちゃん以外のコンサートはイイや、みたいなね。
その上、ここだけの話ですが、前回行った熱狂の日の某コンサートの出来、あまり良いとも思えなくて、運ぶべき足も鈍りがちという内情だったのでした。

さてコンサート、何を見ようかと迷ったのですが、昼食はミシュラン店に予約があるので、2:15始まりのリムスキー・コルサコフの「シェエラザート」を取る。
この曲ならダメでもあきらめがつくという消極的な理由だった。
それからガラス棟の地下に降りて舞台上で行われている声楽とピアノの演奏を聴きながら青森産のリンゴ酒とやらを飲みつつ、カフェ・リュスのピロシキを食べる。
Mozartとというチョコレートのリキュールも売っていたので買ってしまう。
みんなが賑わっていて、楽しいお祭りの雰囲気に浸れるのは幸福だ。
弱いお酒なんか午前中から飲んで、やっぱりこのイベントは貴重ですね。

さて、正直期待しないで聴いたラウル・フィルハーモニー管弦楽団とドミトリー・リスですが、素晴らしかったです。
正確で厚みのある演奏で、特に第一楽章の湧き出るような豊穣な響きは感動的だった。
おお、ロシアの黒き広大な大地から歌われる中東へのエキゾチズム!
特筆すべきは第一ヴァイオリンで、高音高く歌いあげてもなお緩まぬ力感は、情熱がほとばしり、心動かされざることがない。
その他でも主旋律を歌うパートでの木管奏者、みな極めて高い水準の実力者揃いで、そのレベルは驚くばかり。

申し訳ないことに、妻にチケットの値段を聴いた時は、正直高いと思ったんですね。
だって45分の演奏で3000円なら、120分近くやる安室ちゃんのライブ7800円ってバカ安でしょ。
そう思ったことをここに陳謝します。
ウラル・フィルハーモニー管弦楽団は、素晴らしい演奏をする非常に力のある管弦楽団だったことを、ここに報告いたします。
良い休日になりました。
ありがとう。

Ps
公式CDを聴きながら書いてます。
今、ラフマニノフのピアノコンチェルト二番、第三楽章・・・クラシックもイイね、やっぱり、そう思えた一日でありました。
スポンサーサイト

Theme : 音楽
Genre : 学問・文化・芸術

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【熱狂の日2012ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン@素晴らしかったウラル・フィルハーモニーの「シェエラザード」&楽しかった休日】

熱狂の日、本来なら3日か4日に行こうと思っていたんですが、悪天候でぐずぐずしてしまい、最終日の本日、やっとこさっとこ行ってまいりました。チケットの類も取ってなかったので、朝に到着した後、ガラス棟に入り見つくろう。正直、私のクラシック熱は相当冷めていてね。...

Comment

Re: 今年もやってますね

> もう何年も続いているラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンですが、私は未だに聴きに行けてません。orz
本格的なクラシックファン向け、というより私のようなレジャー感覚の中心のファン向けのイベントですからね。

> 今年はロシアものですかぁ。
ロシアもの、良いですよね。
もとよしさんもこの間演奏されていましたが、私も聴くのは大好きですよ。

> ウラル・フィル、楽しめたようで。(^ァ^)
実力派の楽団と感じました。

> 演目もシェエラザード(私も大好きな曲です)とくればメンバーにとっても本場もの。 得意中の得意のレパートリーにしている筈! イイなぁ。(^ァ^)
おっしゃる通り、民族的なモノも大きいんでしょうね。
生まれた時から親しんでいて、作曲家自身と同じ風土で育ってきたという血もあるのでしょう。

> ラフマニノフ、中々グーでしょ。(笑)
20世紀、最高のクラシック作曲家かもしれませんね(笑

  • 2012-05-06 | 14:53 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
今年もやってますね

もう何年も続いているラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンですが、私は未だに聴きに行けてません。orz
今年はロシアものですかぁ。

ウラル・フィル、楽しめたようで。(^ァ^)
演目もシェエラザード(私も大好きな曲です)とくればメンバーにとっても本場もの。 得意中の得意のレパートリーにしている筈! イイなぁ。(^ァ^)

ラフマニノフ、中々グーでしょ。(笑)

  • 2012-05-06 | 01:42 |
  • もとよし URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。